逆転の発想、逸脱の発想は、「自分のこだわりを捨てること」

こんにちは。サイモン山田です。
今朝は寒かった・・・。まだまだ気をつけないと。
足元が寒いのが、一番寒い。ですからね(笑)

さて今日のブログは、

自分のこだわりを一度横に置いて考えてみる。

saimon

僕はもともと治療技術にこだわりを持って治療活動をしてきました。
それにプラス、経験や体験をベースに講師やセミナーをやってきました。
これはこれで僕に合っているし、とてもやりやすかった。
やりやすいんだけど、こだわりを押し付けているような気がしています。

もっと面白いことしたい。楽しくやりたい。伝えていきたい。
これから治療家向けにセミナーをしたり、理美容師やエステティシャンにセミナーをするにあたり、あえて一度こだわりを横に置いてみます。

どんなに分かりやすく、伝わるセミナーをしたところで、受講生は僕と同じ経験や体験をできるわけではありません。
仮に全く同じ施術ができたとしても、当たり前ですが僕にはなれないわけです。

だったら経験や体験を伝えつつ、誰にでもできるような分かりやすさと、シンプルさを追い求めてみようかと考えています。
この考え方自体が、今までの自分のこだわりとは正反対なんです。

一つひとつ積み上げていく大切さはもちろん必要なのですが、圧倒的に効果の上がる施術を、いかにシンプルにして伝えることができるか?
これをあえてこのタイミングで構築していこうかと考えています。

シンプルに言うと、
こだわりを捨ててみます!

もう治療家の資格も合ってないような状態の現在の治療業界。
そして患者さん側には、資格がどうこうというのはもともと伝わっていません(苦笑)
経験が何十年あったとしても、患者さん自身がそれで良くなってことが伝わらなければ意味なんてない。
そう、伝わらないのは、存在しないのと同じこと。なんです。

自分の整骨院では、こだわりタップリでやっていきますよ。
まだまだやりたいこと、探求したいことも山ほどありますから。
患者の皆さん、それはご安心下さいませ。

逆転の発想、逸脱の発想は、まず自分の殻を破ることなんじゃないかと。
それこそ、自分の中にある「こだわりという常識」を突き破ることなんじゃないかと。
そう仮説を立ててみました。

結果がどうなるかなんて分かりません。うまくいくかどうかも分からない。
でも一つだけ分かっていること。それは「自分が200%成長する」ってことです。

よくよく考えてみれば「こだわり」なんて自分の壁みたいなものですからね。
もっと柔軟になってみようかと。この業界に長くいると余計にこだわりが強くなりますから。

明日は子供たちと何をしようかな。今までと違うことをしてみたい。
そんなことを考えている週末です。

いつもありがとうございます!ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket