*

「紹介」と「SNS」の性質は似ている、というか同じ。

こんにちは。サイモン山田です。
昨日は久しぶりにブログをサボりました。
書きかけてはやめ、結局書かずにサボりました。ま、たまにはいいか(笑)。

さて心機一転今日のブログは、

紹介スパイラルと、SNSでのつながりはリンクしている

僕の提唱している「紹介スパイラル」、紹介が紹介を生む連鎖のことですが、これとSNSが相性バツグンなんですね。
そして使い方も紹介とSNSは同じなんです。

パソ

これは僕のFacebookの個人ページ。子供たちカワイイわ〜〜〜。

例えば誰かがFacebookに投稿したとします。
僕がその投稿を見て、いいね!を押します。
共感する内容で、他の人にも見てもらいたいと思ったら、シェアをします。
そのシェアしたのを誰かが見て、いいね!を押したり、それに共感したらさらにシェアしてくれたりしますよね?

これって誰かにお店を紹介したりするのと同じだと思いませんか?
僕も仲間に連れて行ってもらったお店を、また違う仲間に紹介したりすることはしょっちゅうあります。
まさにSNSは紹介スパイラルの再現が24時間行われているような状態なんです。

紹介スパイラルは、
そのお店に「紹介できる『要素』や、紹介しやすい『ツール』がなければ動かない」
これはハッキリしています。

これをSNSに置き換えると、
「自らが発信しないと、いいね!もシェアも起こらない」と言うことができます。
だから紹介スパイラルを起こしたいなら、自分から積極的に発信すること。
やっぱりこれがキモになってきます。

発信とは、情報発信のことだけではなく、全ての行動や言動も発信なんです。
日々の仕事・生活やコミュニケーションだっって発信と考える事ができます。

昨年12月のフロリダ族セミナーでも話したんですが、紹介ってある意味「ご褒美」だと思うんです。
コツコツ積み重ねた結果、発信してきた結果が相手の心に届き、紹介というご褒美になる。そんな感じ。

最初からご褒美目当てなら、カンタンにバレます(笑)
紹介もシェアも、自分の発信が相手の役に立っていたり、または面白かったり、共感を得られたからこそですよね。
でも最初からそれを狙うと、かえって紹介もシェアもされなくなる。そんなもんですから。

僕も「役立つブログを書く!」「シェアしてもらいたい!」なんて、狙って気合を入れて書く時ほど、空回りしてることが、いまだに多々あります(苦笑)
紹介も、いいね!の数も、シェアも、ご褒美。
そのくらいがちょうどいいんじゃないかな~。

そして全て結局は「関係性」に行き着きます。
紹介も関係性のある人から紹介されるから、行ってみようかな、となるわけだし。
いいね!も関係性のない人にはしないし。
シェアも関係性のない人のは全く関心ないでしょう。

紹介もSNSも同じだとすれば、関係性も同じように考えていい。
やっぱり紹介とSNSって、考えれば考えるほど同じだわ。
なんて連載の原稿を書きながら感じていました。

いつもありがとうございます!ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ