影響力がある、ってどんなこと?

こんにちは。サイモン山田です。
合宿二日目。伊豆長岡で目覚めました。
いつもより早く起きてること自体が自分では面白い(笑)

さて今日のブログは、

影響力がある人って、どんな人なんだろう?

今回の合宿のテーマは「影響力」。
20名以上の猛者たちがグループに分かれて、ディスカッションします。

051301

昨日の夜は、藤村先生、短パン社長、ツボイさん、ハッピーのUstream放送もしました。
みんな自撮りしてる(笑)あ。僕もだわ〜。

そもそも影響力があるって、どんなことを言うのだろう?

・上司と部下の関係
・プロとしての専門知識
・人間性や人柄、などなど、そのシチュエーションごとに影響力が出る場面って違うように思うんです。

例えば、僕はカラダを直すプロですが、同じ発言でも
・整骨院内で患者さんに専門知識を話す言葉の影響力
・仲間との会話の中で専門知識を話す時の影響力
この2つを考えても、影響力の出方が違うと思うんですよね。

そもそもの土台が違うってこともあるし、もともと相手が聞き入れる体勢にあるかどうかでも、影響の出方は違ってきます。

でも今はプロの情報ではなくても、ネット上に有益であろう情報は溢れかえっています。
反対に有益ではない情報だってたくさん溢れています。

そんな時に自分が情報を信頼し、影響を受けるのはどんなケースでしょう?

大げさに言えば、その人が好きかどうか?
僕はこんなことが基準でもいいと思っています。

いくらいい情報を持っていたとしても、その人の人柄や人間性が良くなかったら?
僕は情報としては受け入れるとしても、それを信じて行動に移すことはしないかな〜。
だったら周りにいる好きな人の中から、その情報を持っているであろう人に聞いてみます。

それがどこかにラーメンを食べに行きたい、周りにいる好きな人の中で「ラーメン好きな人」に聞いてみた方がよっぽど信頼できます。
よくよく考えてみると、最近「食べログ」とか見てないし。
その地域に行くなら、その地域にいる好きな人に聞いちゃえばいいわけだし。

今はSNSでどんどん、そういう関係性が土台になって、影響力を発揮している人がたくさんいます。
ってことは、クチコミサイトとかは、もう要らなくなるような時代になるのかもしれない。

そう誰にでも少なからず影響力ってあるわけです。
ただその影響力を最大限に発揮するなら・・・?
藤村先生のブログを読んで下さい!(笑)ブログはコチラから

僕は影響力って誰にでもあって、あとはそれをどうやって発揮していくか?
そういうことなんじゃないのかな〜?って思います。

昨日今日と、影響力について深く深く考えました。
しかもかなりの猛者たちと一緒に考えたことで、僕の思考の中にもまた新しい化学反応が起きました。
やっぱりこんな仲間たちと楽しみながら学ぶのは、めっちゃ素晴らしいです!

いつもありがとうございます!ではまた!

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket