*

外に出ない方が儲かるのかもしれないが・・・

こんにちは。サイモン山田です。
今日はセミナーのサポート講師。
人に教えるのは、自分にとってもかなり勉強になります。

さて今日のブログは、

売上は大切。どうバランスよく作るかがもっと大切。

これは僕の個人的な考え方ですので、スルーしてもいいですからね(笑)

051502

たまには物思いにふけることもあるんですよ。僕も(笑)

というのは、カンタンに言えば「バランス」なんです。
売上の構成比率を考えた時に、例えば大口顧客一社での比率が8割あったとします。
この時に8割の比率を持つ顧客との取引が、いきなりご破算になったとしたら?
これは間違いなくヤバイ。ですよね。もしもの話ですけどね。

もちろんそこまで極端ではないにしても、リスクヘッジというか、売上の入口は分散しておく必要があると考えています。

昨日、シャープの液晶部門が大苦戦している、そんなニュースがやっていました。
(かなり前から大苦戦だと思うんですけどね・・・)
まあ規模が違い過ぎますが、問題の本質って一緒なんです。

要するに、波に乗っていた時に液晶部門に資本投下し過ぎたため、波が去った時に資本投下分が回収し切れていなければ、撤退という判断がしにくい。ってことでしょう?
どんなに調子良く動いていたとしても、浮き沈みは必ずあるものですから、儲かると判断したとしても、ちょっと規模的には足りないと思えるくらいでいいんじゃないかな、なんて思うんです。

そして整骨院業界に目を移せば、保険治療の割合が8割あるとします。
もし法律として保険適用ができなくなったら?あるいは国民皆保険制度がなくなったら?
かなり暴力的な話ではありますが、現実的にないとは言い切れないでしょ。

その整骨院は保険がなくなったら、8割の売上を失うわけです。
怖い話ですが、実際にそうなることも考えられる。
そして、院内以外での売上がない、また施術以外の売上がない、こんな状況だったらもっと深刻です。
奈落の底へ一直線です。こう考えたら治療家なんて、ホントに水商売ですよ。

だからバランスなんですね。治療業界なら、
保険治療と実費治療のバランス。
院内の活動と院外の活動のバランス。
施術での売上と、物販のバランス。

大企業であれば、一つの部門に資本を集中投下させるよりも、多数の部門を少しずつ成長させていくことが、これからの時代にはあっているんじゃないのかな~。
僕も経営者ですので、ホントにそう思いますけどね。

独立開業すれば院内では殿様です。先生様ですよね。
だから勘違いもするし、天狗にもなるし、周りの流れが見えなくなる。
でも一歩院外に出れば、ただのオッサンですよ、オッサン。マジで。

その「ただのオッサン」から、院外で活動することで、ちょっとでも「あのオッサン」と言われるようになれば、少しはバランス良くなってきたのかな?なんて思えるのかもしれません。
最近はようやくそう思えるようになってきました。

どうせ一回しかない人生。やりたいならいろいろ手を出してもいいんじゃない?
って僕みたいに好奇心旺盛過ぎるのも、冷静に見たらおかしな感じもするけど・・・。
それでも僕なりにバランスよくやってるつもりですけどね。

いつもありがとうございます!ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ