*

小中学生の腰痛には気をつけて欲しい!

こんにちは。サイモン山田です。
今日も一日楽しく治療をしていました。ホントに恵まれてるね。
いい患者さんに囲まれて、治療家冥利に尽きます!

さて今日のブログは、

小中学生の腰痛を軽く考えないこと。

最近来院した少年野球をしている小学6年生の男の子。
前々から少し腰が痛かったのが、ボールをジャンプしてキャッチした時に、腰に強い痛みが出たとのこと。
腰に炎症も出ていたので、まずはその部分を処置し、連れて来てくれた指導者の方に詳しく状況をお話ししました。

この少年のケースで僕が即座に心配した、別の症状があります。

093001小中学生の治療にはけっこう気を使います。ウチの子供の場合もね。
この写真は「足の速くなるテーピング」を貼って、ご満悦の息子くんです(笑)

ズバリ!腰椎分離症には要注意!

スポーツをしている小中学生の腰痛の場合「腰椎分離症(ようついぶんりしょう)」というのが一番怖いんです。
(詳しくはGoogle先生に聞いてみて下さいね。長くなってしまうので・・・)

もしなってしまったら、即スポーツを中止しなければならないケースもあります。
症状が軽い場合は様子を見ながらスポーツができる場合もあります。
ひどければまずは一旦スポーツは休ませなければなりません。

学生の場合、痛みなどで練習を休めばレギュラーを外されたりすることもありますよね。
でも痛みをガマンし続けてしまうと、本当に取り返しのつかなくなることもある。
僕も過去無理し過ぎたために、痛みが長引いてしまった少年を見てきました。

もしそうなってしまえば学生時代の話だけではなく、将来上を目指そうにも途中で諦めざるを得ません。
ヘタすると日常生活にも影響を与えてしまいます。

だから腰に痛みが出たら、まずは無理せず病院にかかること。
もし腰椎分離症の疑いが出たら、ドクターの指示を仰ぎ、スポーツは一旦中止すること。

これは普段から小中学生だけに言っているのではなく、親御さん、部活の顧問、監督・コーチ・指導者の方にも同じように言っています。

今回のケースは指導者の方がウチに来院している方なので、早めに対処することができました。
結果的に腰椎分離症の初期でした。今は様子を見ている段階です。
もし放っておいたら、と考えると怖いですよ。ホントに・・・。

小中学生が自ら痛みを訴え、一人で病院にかかることは難しいです。
だから大人の我々がきちんとした対処をしなければ、子供たちの未来を潰してしまいかねません。
ですので小中学生の腰痛、軽く考えないで下さいね。

いつもありがとうございます!ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか

時には断る勇気と、嫌われる覚悟を持つ必要がある。

断りたくはない。嫌われたくもない。 能力が優れているならそうしたい。

体験をしてもらうことが一番の近道。<初心者OK!体験型テーピング講習会>

いいモノでもいいコトでも体験が一番伝わる。 どうやって伝えるのかを考え

膝がまっすぐ伸びないとパフォーマンスは低下する。

膝の痛みに悩んでいる。 下半身が疲れやすくいつもダルい。 アナタの膝、