病気が教えてくれることはある。今のところたったひとつだけ。

こんにちは。サイモン山田です。
大病してから3週間経過。浮世離れ?ってこんな感じなのかしら。
世の中の流れと完全にズレた感じだわ・・・。取り返せるのかね、ホントにさ。

さて今日のブログは、

SNSは焦りを増幅させもするし、勇気づけられもする。

エクスマ感謝祭出たかったですよ、マジで!
ウルエヴァ合宿in沖縄にも行きたかったですよ、ホントに!

Facebookでどんどん仲間たちの活躍する様子が投稿されます。
ブログでその時の様子が、事細かく分かったりします。
Twitterで時系列的に楽しさや面白さが伝わってきます・・・。

マジで、ウラヤマシイ!!!

そして同時に何か知らないけど焦る。焦ってます、僕。
この圧倒的に置いて行かれている感。置いてけぼり感。
めちゃくちゃ焦るし、どうしようもない焦燥感に駆られるんです!

でもさ、今の僕にはどうしようもないんですよね・・・。
諦めてのんびりリハビリするしかない。これが現実だから。

SNSを見て焦る気持ちがあるのはウソ偽りない気持ちです。
でも反面、SNSがなかったら、ここまで勇気づけられもしなかったです。

Facebookでのコメント、メッセージでどれだけ気持ちがラクになったか。
これがなかったら、僕は今よりはるかに回復は遅れていたと思います。

前回のブログでは「病気に意味なんてない」って書きました。
まだまだ病気の渦中の僕には、意味を考える余裕はあんなりないですけどね。

でもひとつだけ思った、気づいたのは「家族の温かさ」です。
働けない、稼げない、痛みを抱えている、こんな僕でも受け入れてくれる。

僕は個人経営者ですから「自分で稼いでナンボ」だと、いつも思っています。
それが稼げないどころか、働けもしないし、マイナスにしかなっていない。
僕にとっては心苦しいことこの上ない。

そんなこと関係なかったみたい。
もっと早く気づいていたら、病気にならなかったかもしれない。
身を持って「家族の温かさ」を知った。それこそ命を懸けて知りました。
病気になって知るなんて、ね。死ななくてよかったよ。ホントに。

102301リハビリの散歩中に下校途中の息子に会いました。
病気にならなかったら、下校中に会うことなんてなかったよね。
手を取ってくれる息子がとっても逞しく思った瞬間でした。嬉しかったな〜。

102302後ろアタマは一緒。散髪したてだからね。似てるでしょ?

こんな些細なことが、こんなに嬉しいなんて。
仕事に、稼ぐことに、働くことを最優先し過ぎていたんだな〜。
現在の収入はマイナスですね(笑)。っていうか、どうなるんだろうね。

でも何とかなるって、何でか分からないけど思ってます。
誰かが助けてくれるのか、自分で何とかできるのか、そんなの分からない。
けど何とかなるって思ってます。皆さんヨロシク(笑)

ってのは半分本気の、半分冗談。
だからこそリハビリを頑張っておりますので。

明日、明後日は家族全員揃うので、それだけで嬉しい。
こんなことで幸せを感じられる今を大切にしなくっちゃね!!!

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket