*

自分の想いや考え方を伝えよう。伝えないと伝わらない。

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。

患者さんの気持ち、治療家知らず。

012701先日はフロリダ族ステップアップコース第3期の初回でした。
美容師、整体、エステ、呉服、コンサル、コーヒー屋?など、多種多様の業種、そして多種多様の人柄の8人が揃いました。
ここから全5講しっかりサポートして、ガッツリ結果を出してもらいたいです。

たくさんの人と腹を割って交流していると「見えないことが見えてくる」ことがあります。
今回の講義や仲間との会話の中で気づいたことは「自分が「気にしなくていいよ』と考えていても、相手は必要以上に気にしている」ってこと。

僕は病気をして2ヶ月の長期休業を余儀なくされました。
再開後、患者さんに3つのパターンが存在していました。
① 2ヶ月間、他の治療院に行かず、再開後にウチに来てくれた人。
② 2ヶ月間、他の治療院に行っていて、再開後はウチに戻って来てくれた人。
③ 今現在来院していない人。

この中で①の人は、僕にとってはものすごく嬉しい。
反面、その期間をガマンさせてしまったんだな〜と思うと心苦しいです。

②の人は飛ばして、③の人。
今現在来院していないんだから、どうしようもない。。。仕方がないかな、と。

人は浮気すると「戻って来にくくなる?」そうなのか!

戻って②の人。
僕はこのケースが一番ありがたいです。
我慢し過ぎず、そして僕が復帰したら戻って来てくれるなんて超嬉しいです。

でもね、妻との会話中にあらためて気づいたことがあるんです。
「他の治療院に行ってる人っているだろうけど、戻って来たい人も中にはいるんじゃないかな。でも一度他のところにいると戻りにくいと思うよ。私なら戻りにくいなって」
「え?そういうもんなの?」
「敬一はさ、髪の毛切る時いろんなところに行くでしょ」
「行くよ」
「でも私は一度他のところに行くと、元のところって行きにくいんだよね。『他のところに行ったでしょ』って言われるし。患者さんもそう思っている人っているんじゃないかなって」

そうなのか!ってことは②の考えの人は少数なのかもしれない。
僕は髪の毛は同じところでなくても大丈夫。もちろん好きな人のところがいいですけど。
「こだわりがない」というよりも、好きな理美容師さんがいっぱいいるしね。
だから僕は他の治療院がどうこうというのは、あんまり気にしないタイプなんですよね。

そして治療に関しては「他の治療院に行っていて戻ってくるのもOKだし、また行きたいところに行くのもOK」だと考えています。つまり浮気OKってこと。
僕はそう考えているので「戻ってきたくても戻ってきにくい」なんて思っていなかった。。。

僕の病気前に来院していた患者さんで、他の治療院に行っている患者さん。
戻ってきていただいて大丈夫ですよ〜!

そして、もうひとつ。
「今サイモンのところに行ったら迷惑じゃない?予約しても大丈夫?」
「大したことない症状で行くのは、サイモンにも他の患者さんにも迷惑じゃないかな?」
そんなことを言ってくれていた仲間がいました。においの社長、柿本さんです。

「大丈夫だよ!空いてる時間を案内するし、もしダメな時はダメって言うからさ」
「復帰後だし、行きたくても気にしてる人っていると思うよ。僕もそうだし」

マジか!そうなのか!
僕が考えている以上に、皆さん気にかけてくれてるのか。。。

僕のことを気にかけてくれて、予約をご遠慮されている患者さん!
大丈夫です!軽い症状でもなんでも治療しますよ!ぜひご連絡を下さい!
もちろん予約が埋まってる時はダメですけどね。。。

気がついてないことってけっこうあります。
自分が基準になってしまっていたことと、基本的に「WELCOME」の姿勢だったので、患者さんのそんな気持ちを汲み取れていなかったことをとても反省しております。

この気づきは大きい。これでまた一歩前進だね。
さあ今日はエクスマ出版記念セミナー。また気づきがあるはず。
また前進しちゃうな。ではまた〜!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
膝がまっすぐ伸びないとパフォーマンスは低下する。

膝の痛みに悩んでいる。 下半身が疲れやすくいつもダルい。 アナタの膝、

お呼ばれされたら行きますよ!<埼玉で開催!第二回初心者OK!テーピング講習>

足が速くなる?柔軟性がアップする? 痛みがなくなる?歩きやすくなる?

ゼロから1にする。伝わらなければ価値はゼロ。<6.12フロリダ族セミナー>

人それぞれに価値はある。 でも伝えなければ価値は分からない。 伝え方を

速く走れるテーピング!運動会や体育祭で1番になっちゃおう!

テーピングで速く走れるようになります。 正しい骨格の位置にしてあげるこ

専門性はリスクなのか?多様性を認めると楽になります。

専門性、プロになるのは大切なこと。 多様性、マルチタスクも同時に大切な