*

相手を想えばシナリオは描ける。大切な人を「浅草案内」するようなイメージでね。

こんにちは。木曜日は自宅のデスクからサイモン山田です。
今日は資料を作ったり、考えを整理したり、ちょっとカラダを休ませます。
もっと動きたいけど、僕の復帰後のシナリオは「焦らないこと」が重要なので。

シナリオは相手の顔が浮かべば描ける。

昨日は「二代目水素バカ」こと林さんが神戸から来院。
毎月東京に出張に来るので、それに合わせて来院してくれているんですね。
それに合わせて「秘密会議」的なものを毎月やっているんです。

昨日は「シナリオ」「ストーリー」について、二人で延々と話していました。
ちゃんと仕事のことも話していましたけど「外国人のお客様(林さんのお知り合い)を東京で案内するとしたら?」ってことで二人でいろいろ考えていたんです。

というのはその外国人の方(Aさんとしますね)はかなりの日本通で、美味しいお店もかなり知っている。
舌も肥えていて、単純にいわゆる「東京の有名店」「ミシュランガイドに載るようなお店」を案内したところで面白くないですよね。

だから「相手を考えたシナリオ」が大切になるんです。
もちろん行き当たりばったりではなく、しっかり練り上げないと相手に伝わりにくいでしょ。

Aさんは林さんのお知り合いなので、リサーチはある程度できています。
何が好きで、何がキライで、どんなことで喜んでくれるのか?
元々、日本が大好きってこともあるので、それを元にシナリオを考えてみました。

僕なら「浅草」を案内するかな〜。
もちろんガイドブックに載っていないところをね。

スタートは11時と仮定。
例えば「立ち食い◯◯」に行って腹ごなししてから、周辺を散策します。
僕のお気に入りの場所を案内しながら、裏話をしつつ楽しんでもらえたら。

そしておやつ代わりに「一番辛い◯◯」を案内するかな。これは気に入ってもらえるはず。
だって日本通ならゼッタイに気に入ってもらえるっ!!!

その流れで、また散策を。途中であそこで角打ちもいいかな〜。
ガイドブックに載ってなくてもいいところはたくさんあるからね。

最後は「◯◯?」「△△?」あるいは「✕✕?」なんて感じで浅草を楽しんでもらいたい。
締めはあそこかな?ワインかな?ウィスキーかな?なんて感じで。

全部Aさんのことを考えて、シナリオを考えていたわけです。
林さんは「そのままのプランで浅草を案内しましょ!山田さんやりましょ!」ってノリノリ(笑)
「これなら、Aさんも喜んでくれはりますよ〜!」ってね。

あ。僕より浅草に詳しい人、めちゃくちゃいるのは分かってます。地元でもないし(笑)
でも3年以上住んでいたくらい僕は浅草が好きだし、僕の視点で案内したいな、そういうことです。

031002ここが浅草のどこだか分かるかな?分かるよね。でも関西の人に言うと「へ〜!」ってなることが多い。

シナリオって全てに共通している?

でもこれって全ての仕事に共通していることだとも思うんです。
「自分主語」ではなく、「相手主語」で考えればそうなれるんですよね。

昨日、林さんがFacebookで僕を評して投稿してくれたこと。

0310011.良いことも悪いこともハッキリ言う
2.患者さんと一緒に喜ぶ、共感、心が開く
3.無理なことはできないという
4.間違ったら、自分の非を謝る
5.身体の動きを知り尽くしているからアドバイスも注意点も具体的で的確
6.いいことは徹底的に褒める
7.気さくに話しかける
8.患者さんがよくなるとメッチャ嬉しそう
9.ある時は息子、ある時は友達みたいな先生
10.次の予約をムリなくきれている

繰り返しますが、僕が言ったことじゃないからね(笑)
でも僕はそうシナリオを描いている部分もありますからね。
それに気づいてくれた林さん、ありがとう!とっても嬉しいです!

僕は器用ではない。とても不器用な部類です。
だから最初からシナリオが描けたわけではないし、全然分からなかった。

でもAさんを浅草に案内する、の例のように「誰か」を思い浮かべて、その人に喜んでもらえるように、ということがシナリオの原点のような感じがするんですよね。
そうすればシナリオは描きやすくなりますからね。

林さんと描いたシナリオ、来月に始動!するのかな?神戸にも行きたいな!
今月の「秘密会議」も成功。僕も新たなシナリオを描こう。
ではまた!

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
抗酸化作用があるものだけを取り扱うのには理由があります

できるだけ余計なものは取り扱わない。 自分がいいと思うものだけにしたい

整骨院・接骨院での不正請求は犯罪。患者さんも罪に問われることがあります。

整骨院・接骨院での保険取り扱いはケガのみです。 不正をすると患者さんも

プロが選ばれる時代ではない。情報発信&収集は自己責任。そんな時代になっている。

ひとつのことを極めることは大切。 それ以上に好かれていることが大切。

顎関節の症状、歯の痛み、原因になるものはなにがあるのか?

顎関節の症状や歯の痛みは「その部分」だけに問題があるわけではない。 身

顎関節症が歯医者「だけ」では治らない理由。

歯医者は基本的に歯を診るところです。 整骨院は骨格や筋肉を診るところで