マッサージチェアが日本の全世帯にあったとしても、あなたの治療院に患者さんはやってきますか?

こんにちは。自宅のデスクよりサイモン山田です。

今のマッサージチェア、ヤバイよ。

元日は毎年、妻の実家で過ごします。家族全員が集まるんです。
年に一回しか会えない人もいるし、とっても貴重な時間です。

たくさん話し、たくさん笑い、たくさん食べ、ちょっと休憩。
その時リビングに行ったら。
立派なマッサージチェアが鎮座していました。
誰も乗ってなかったのでちょっと乗ってみようかと。

だって電機量販店じゃ恥ずかしくって乗れないんだもん。ボク。
ここぞとばかりに乗ってみました。

あの〜。あのね〜。

 

 

コレ、めっちゃ気持ちいいじゃんか!

 

 

あとで聞いてみたら、10万円程度の値段だそうです。
そんなに高額なものじゃないんですよね。
だって高いものは50万くらいするものもありますから。

17010301▲調子に乗って2回も乗っちゃいました。合計30分くらいかな。
やり過ぎもカラダに良くないのは分かってますので。

マッサージチェアは所詮機械だからと思ってません?

これから10年先。
ボクたち治療家はもしかしたらマッサージチェアに取って代わられるかもしれません。
ただ単純に気持ち良くなるためだけだったら、たぶんこれで十分になるはずです。

AIはこれからもっともっと発展・進化します。

マッサージチェアに乗っただけで、身長体重が分かるものは今でもあります。
そこから体圧分布、温度、好み、前回使用からの時間、そんなことを割り出して、その時の最適なマッサージ方法をチョイスする。
そんなことが近い将来、間違いなく起こります。

技術的にはもう可能なんじゃないかしら。
ただメーカーさんがそこまでやっていないだけで。

こんなマッサージチェアが、もし日本の全世帯に供給されるとしたら?
それでもボクたち治療家は生き残っていけるのだろうか?

日本には平成27年度ベースで、約5340万世帯あります。
その世帯に10万円のマッサージチェアを供給したとすると、約5兆4000億程度かかります。

それにより国民医療費が下がると試算されたら?
マッサージチェアがあるから、整形外科にも行かなくていいし、治療院にも行かなくていいや。
こんなことが起こりうるかもしれない。

もちろん金額的に考えたら現実的にはあり得ないでしょうね。
でもそのくらいのことを考えてみることって大切だと思うんです。

治療家が10年後にこのまま生き残っていられるって、今のままではボクにはどう考えても難しいと思えます。
しかもこれからまだまだ人数は増えていきます。
資格のあるなしにかかわらず、このまま生き残ってはいられない。

じゃこの先、どうすんの?
治療業界で生き残りたいなら、その先を考えないと。

あ〜。よかった。テーピングは機械では貼れないもんね。
なんて薄っぺらいことは考えていま・・・・・すよ。ちょっとはね(笑)
だって人間にしかできない、ボクにしかできないことですから。

AI含め、機械の進化には勝てません。
というか勝たなくてもいいし、勝負もしません。

もしかしたらマッサージチェアを治療院に置いたら喜ばれるかもしれない。
そんな感じで使う側に回ってもいいわけだしね。

今年の元日はシラフだったからそんなことを考えていました。
いつもありがとうございます!ではまた。

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket