仕事には◯◯があった方がいい。

仕事には使命感があった方がいい。
楽しさももちろんだけど何のためにやっているのか?
使命感が明確になっていれば仕事は充実するよね。

マジメはいいことだ!

コードブルーってドラマ知ってますか?

若いドクターの成長物語のような感じかな。
ドクターヘリに乗り救急の現場で活躍するようになるまでの様を、各登場人物の葛藤や裏側にある人間模様を描いている作品です。
かなりザックリ書き過ぎているけどね〜。

ウチの娘と完全にハマっています。
娘のクリスマスプレゼントはコードブルーのシリーズ2のDVD-BOX。
そしてお年玉でシリーズ1を早速買っていました。

昨年の秋にシリーズ3が放映されて以来すっかりハマっています。
登場人物の名前から、あるシーンのセリフを全部覚えているくらいです。
引きずられるようにボクもハマってしまいました。

シリーズ1が始まったのは2008年。
ちょうどボクが独立開業した年で当時も観ていたんだよね〜。

観ていてあらためて思い出しました。
もともとボクは使命感を持って「治療家」をやっていたんだって。
生死に関わるような仕事ではないけどね。

ガッツリとマジメにやることだっていいことだよ。
使命感って書くとちょっと重く感じるとは思いますけどね。

▲シリーズ1・2のDVD-BOXとスペシャル編のDVD。
メイキング場面とかもあって娘とかなり楽しんでいます。
妻と息子は半ば呆れ気味ですけどね〜。

使命感=原動力。

楽しく仕事をするのもいいことです。
実際にボクも楽しんで仕事をしているのも事実です。

そこに使命感がプラスされれば余計に仕事は充実します。
使命感=原動力であり、やり甲斐でもあるんじゃないかな。

ボクの場合は単純に「楽しく仕事をする」という感覚よりは「使命感を持って仕事をする」感覚の方がしっくりきます。

人それぞれに感覚は違います。
ただ思うのはいろいろ試してみること。
チャレンジしてみること。

仕事は確かに楽しいです。
もっと楽しもうといろいろ試してみました。
でもしっくりこなかった。
一周回って、ボクは使命感に戻ってきてしまいました。

楽しい、面白い人間ではなかったんですね。
もともとクソマジメな性格の人間ですから。

使命感を患者さんに押し付けることはしません。
使命感を講習会での受講生に押し付けることもしません。
そんなことは自分で決めることですからね。

現在の使命感は、

・患者さんの役に立つこと。
・アスリートの夢の後押しをすること。
・学生スポーツ選手のサポートをすること。

こんな単純で当たり前なことです。
そのツールがテーピングであり、メンタル面であり、施術スキルです。

ただし、使命感があったとしても裏打ちされた「技術と経験」は必要です。
何も力がないのに使命感だけでは上の赤字で書いた3つのことすらもできません。

ボクらの業界ではよく「50歳60歳になっても施術ができるように、今から自分の身体に負担のかからない技術を身につける」みたいなことが言われています。

必要ない。大丈夫。
そんなカンタンな技術なら、他の人に任せておけばいい。

それよりも「患者さんはどんな人に治療されたいのか?」をとことん突き詰めること。
ボクは楽しいだけじゃイヤ。技術を持っていてなおかつ使命感がある人に治療してほしい。

我ながらマジメでウザいし、暑苦しい。
いいんです。それで。
自分らしく、というのはそういうことだから。

無理しないで、自分を表現しよう。
仕事でもプライベートでもね。

くどいようですが、もう一回。
仕事には使命感があった方がいい。
楽しさももちろんだけど「何のために」その仕事をやっているのか?
使命感が明確になっていれば仕事は充実しますから。

できれば「楽しく使命感を持つ」そんな仕事をしたいですね。
イヤ、そんな仕事をします。

やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket