*

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。
紹介されるにも責任が伴う。
紹介とはそのくらい重いもの。

紹介する責任、紹介される責任。

初診患者さんの紹介はとてもありがたいです。
それは本当にそう思います。いつもありがとうございます。

よく言われるのが「集客費が限りなくゼロに近いから」ってこと。

もちろんそれもありますが、ボクの考えは少し違います。
いつも書いていることではありますが、紹介の患者さんは「初診の時点でもある程度は関係性が築けているから」です。

紹介で来院するということは、必ず紹介者がいて成り立つことです。
その紹介者と自分(山田)の共通点や、紹介者と来院者との共通点を考えれば、多少なりとも関係性は築けていると思います。
だから治療に入りやすいし、治療結果にも恵まれやすいです。

その反面、紹介された時に合わせて考えておきたいこともあります。
それが「紹介する責任、紹介される責任」です。

誰かを紹介した場合、紹介で来院した患者さんの治療結果がいいのか、悪いのかは、紹介者も気になることだと思います。

紹介したのにいい結果が出ていなかったら、正直なところ気まずいと思うんですよね。
それを相手が言葉にしなかったとしてもです。

これが紹介する側の責任だと考えています。

▲紹介は本当にありがたい。ウチは紹介がなければあり得ないスタイルの整骨院ですので。患者さんどんどん紹介してね。あなたの大切な人を紹介してね♡

紹介される責任はもっと重い。

紹介する側に責任が生じるとするならば。
紹介される側にはもっと重い責任が伴うと思っています。

「あなたの大切な人を紹介して下さい」ボクはそう伝えています。
そう謳っておきながらその大切な人をいい状態にできなかったら?

来院してくれた人のみならず、紹介してくれた人の信頼をも損ないかねません。
その上紹介した人にまで責任を生じさせてしまう可能性があるんです。
「紹介してくれたのに良くならなかったじゃないのよ」とね。
前述したように相手は言葉にはしなかったとしても、少なからずこんな感情になっていても不思議ではありません。

紹介は確かにありがたいし、治療結果にも恵まれやすいのも確かです。
それでも「紹介する側の責任と紹介される側の責任」を鑑みた時、ボクは治療家としての責務をより強く感じながら施術をします。

結果に対してのプレッシャーはより大きくなります。
共感してもらい、関係性ができていて、紹介をしてもらう。
そこにありがたさを感じると同時に、それなりに重圧も感じるものです。

重圧はありますが、いい結果は残ります。
イメージトレーニングも合わせているからね~。

以前、紹介スパイラルとして「紹介をどう仕組み化していくのか?」として講習などをしてきました。

紹介を仕組み化することは難しくはありません。
流れをきちんと理解し、やることをしっかりやればできることです。

でもそれは本来、小手先のテクニックではないんですよね。
根底に流れている思考こそが大切になるんです。

昨日、結果についての考えをブログにしました。
結果で判断されるのがボクの仕事だとしたら、プロセスはこんな考え方があるんだよ。
それもお伝えした方が分かりやすいのかな。
そんなことを考えて書いてみました。

ボクの仕事だけではなく、紹介が大切な仕事はたくさんあります。
ほとんどがそうだと言っても過言ではないんじゃないかな。

だからこそ、責任を持って仕事をします。
そんな仕事をし続けます。

 

やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか

時には断る勇気と、嫌われる覚悟を持つ必要がある。

断りたくはない。嫌われたくもない。 能力が優れているならそうしたい。

体験をしてもらうことが一番の近道。<初心者OK!体験型テーピング講習会>

いいモノでもいいコトでも体験が一番伝わる。 どうやって伝えるのかを考え