*

頑張ることは「ストレス」だと思う理由。

頑張るってどういうことなんだろう。
頑張らないってどういうことなんだろう。
結果=頑張る、頑張らない、ではないんだよね。

頑張るについて考える。

「うつの人に頑張れと言わない方がいい」
これは一度ならずとも聞いたことがあると思います。

その人なりにもう頑張っているんだから、それ以上周囲が「頑張れ」っていうのは余計に追い詰めてしまうから。

ボクもこれには同意します。
でも世間ってこんなこと多くないかな?

正直なところボク自身も「頑張るアナタを応援します」的なことを考えています。
正確にいうと「考えていました」です。
特にスポーツに関しては余計にそう考えているフシがあります。

頑張っていない人を応援するなんてね。
頑張っていないのに、こっちが頑張って応援するなんてね。
それは違うでしょ。そんな考えです。

これはこれで間違ってはいないと思う。
だけど最近ある違和感を感じるようになってきました。

言葉の使い方ではあるのかもしれないけど。
そもそも「頑張る」ってなんなんだろう。
この「頑張る」の裏側を知りたくなっていろいろと考えていたんですね。

頑張るって種類があるように思えてきました。
言葉はありふれているのに、けっこう奥が深いというか、根深いというか。

頑張らない人間はダメなのか?
そんなことはないとも思うんだよね。

▲今日もインフルエンザでキャンセルの患者さんが発生。雨も降ってきたしのんびりやろうっと。頑張らない人間なのでね。

頑張るの種類を考える。

あえてジャンルはビジネスでもスポーツでも何でもいいとして。

①頑張ることを頑張る
②頑張ることを頑張らない
③頑張らないことを頑張る
④頑張らないことを頑張らない

ボクが考えたのはこんなことです。

①は頑張っているんだからいいでしょう。
②は頑張ることをしない、そんな状況です。
③は頑張っているだよね。これはこれで。
④は頑張らないと決めている状況です。

この先に考えたいことがありまして。
それが「結果」です。

①~④のなんでもいいんです。
それは本人の意思でやっていることですからね。

どういう結果がもたらされるのか?
これはとっても重要なことだと思っています。

頑張ったのに結果に恵まれなかった。
それは頑張りが足りないからだ。
だからもっと頑張ることが大切だ。

それでも結果に恵まれなかったとしたら?
もっともっと頑張れよ!って?
ボクは言えないです。自分自身が強くないから。

 

これは自分自身のことです。
(いつも自分のことばっかり書いてますけど。苦笑)

ボクは③です。
頑張らないことを頑張っています。
もう「神のはからい」程度の考え方です。

ちなみに「やりたくてやっていること」や「好きだから夢中になって時間も忘れて取り組めること」と「頑張ること」は別物です。これは次回にでも書いていこうと思います。

 

頑張るとは、ストレスがかかること。

ボクはそう認識するようになりました。
頑張るって「ストレス」がかかることなんです。
良くも悪くもストレスがかかります。

ストレスがかかると死んじゃうかもしれない。
そんな病気にかかれば「頑張らなく」なります。

周囲はもっとできるでしょ。
もっと頑張りなよ。と思うかもしれません。
でも頑張りません。

反面、気持ちは「頑張りたい」んです。
そもそも自分を追い込むことがキライじゃないからね。

だから有言実行だった。
そこに向かって走るのが好きだった。
だから「頑張らないことを頑張る」ようにしました。

頑張らないことで得られる結果は?
神のはからいに「委ねる」しかありません。

自分で自分のことをハンドルしないって決める。
なすがまま。成り行き。流される。風任せ。
こんな感じで言うとイメージがいいのかしら?

 

頑張りたいけど、どう頑張っていいのか分からない。

そんな人って実は多い気がするんです。
ボクなんて頑張らないことを頑張っているんだから、ある意味ウラヤマシイ人たちです。

だからサポートできるような気がしてね。
ふとそんな気がしたんですよ。

そんな自分をも肯定できるように。
まずは身体の施術から。
希望があれば別枠でお話しも聞きます。
身体でも仕事でも生き方でも何でもいいしね。

 

だから。
これからもスポーツ選手などで目標がある人は全力でサポートします。それは変わりません。

そして。
一般の患者さんは「頑張りたいけど、頑張れなくなっている人」を心身両面からサポートします。
そんな気持ちに変化してくるようになりました。
病んでいる人や、他人のせいにする人はお断りしますけどね(苦笑)

 

このブログを読んでくれているか分からないけど。
不思議体験が好きな、スピリチュアルな「アナタ」のおかげです。
最近治療したばっかりだけど。

もし読んでくれていたら。ありがとう。
アナタのおかげで、もう一歩踏み込んだブログになりました。
また楽しいお話ししましょうね!

 

やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
病んでいる、悩んでいる人にその言葉はかけないでおくれ・・・。

それは人のためを思っての言葉かな? 自分が言いたいだけなんじゃないかな

筋トレが嫌いな人間の魂の叫び。筋トレしないとダメな世の中なの?

筋トレはトレーニングは大切。 自分の思い通りにカラダを動かせなかったら

体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか