失敗には理由があるが、成功には理由がないことがある

こんばんは。サイモン山田です。
おかげさまで、ここ最近はかなり忙しいです。ありがとうございます!

現状では特別な販促もしていないし、技術やコミュニケーションが飛躍的に上がったりしているわけでもない。
だったらどうしてだろう???

成功には目に見える理由がないことがある?

もちろん細かく分析していけば理由はみつかるとは思います。
ですがうまくいってる時って、パッと思いつくような理由って案外ないのかもしれない、そう思えるのです。

たまたまというか、タイミングが合ったとか、自分の感情のコントロールの問題とか、
スタッフとの意思疎通とか、目に見えないことが重なり合って、成功しているような気がします。

反対に、
失敗には目に見える理由があるのでは?

僕の場合は相手は患者さんですが、集客がうまくいっていなかったり、
リピーターが少なかったり、売上が悪かったり、利益率が低かったり。
これには目に見える理由があるように思えます。
いわゆる販促がうまくいっていないとか、接客応対がまずいとかの現場レベルのこと。

そして、ホームページなどの分かりにくさや、ソーシャルやSNSがうまく機能していないとかのweb媒体の問題。
このあたりは完全に目に見える理由です。

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。」
これはプロ野球の名将・野村克也元監督の言葉ですが、野球だけでなく、これはビジネスにもこの言葉は当てはまるように感じます。

それが今回のタイトルでもある「失敗には理由があるが、成功には理由がないことがある」につながっています。
もしこの考えが当たっているとすれば、目に見える失敗している理由を潰していくことが、
成功への一番の近道だと考えられます。でもこれでは、何とも消極的な感じがします。

まとめ

失敗には理由がある。本当にそう思います。
ただ失敗を重ね続けることで、販促に対しての精度が上がり、どんどん失敗が少なくなっていく。
そしてそれが成功につながっていくんだと思います。

だったらあえて失敗する回数を増やすくらいの気持ちで、積極的に動いた方がいいんじゃないか?
今は本当にそう思います。
失敗する回数が多ければ、それをしなければ成功につながるんですから。
「経験した数が重なること、これが成功なのかもしれないな」、なんて思ってみたり。

僕は失敗するのが怖くて、嫌いで、何もしなかった時期がありました。
でもこの状態だと失敗はないけど、成功もないし何も結果がない。

失敗を経験するようになって、失敗する理由ってあることが分かり、
反対に成功するのは確たる理由はなく、経験が重なった成果なのかな、と。

今日で、子供たちの夏休みも終わり。
昨日から出かけていましたが、帰りはこんな感じになってました。

おでかけ

いっぱい遊んで疲れたようです。
僕も楽しかったな〜〜〜。

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた明日!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
プロ格闘技選手のトレーナーを15年務める。
現在は東京都強豪高校野球部、大学女子バレーボール部(一部リーグ)のコンディショニングサポート中。
治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中。

テーピングの開発・販売・講習もしています。
(講習に関しては随時ブログにてお知らせしています)

スポーツ歴は中高生時バスケ、専門学校時に柔道、社会人になり格闘技(キックボクシング)をしていました。
修行期間13年を経て34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツは積極的にはできませんが、身体とメンタルの両面をサポートし、アスリートを目標達成へと導きます。

2020年4月よりオリジナルプロテインを販売開始。
学生競技の現場を体験して「継続して飲むなら美味しくて、身体にいいプロテインを飲んでほしい」その想いからオリジナルプロテインを作りました。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket