*

治療もロボットがやる時代になるかも?

こんにちは。サイモン山田です。
自分の仕事はいい仕事だよな、と思いつつ・・・。
反面、このままだと続かなくなる業種かもな、なんて思います。

さて今日のブログは、

治療家という職業は2030年にも存在するのか?

2030年には今あるかなりの職業がなくなる、そんな話を藤村先生のエクスマセミナーで聞いたことがあります。

2030年2000~2005年でも、これほど職業が減少しているんです。

治療は基本的に人間が、人間に対して直接します。
だからなくならないのでは?と思いますか?

ですが、胃ガンの手術をロボットがやった方が成功率が高くなる、ということを、これまたエクスマセミナーで聞いた時、僕はちょっと考えさせられました。

胃がん

これが新聞ね。

そのことが書いてある藤村先生のブログはコチラ

それなら「治療も悪い部分さえ分かったとしたら、ロボットがやった方が精度が高くなる」そんな状況も考えられるわけです。

もしそんな状況になったとしたら、僕たち個人治療家は生き残れるのだろうか?
もちろん生き残れる人は生き残る。
でも淘汰される人も出てくるでしょう。

施術技術だけを売りにしていたら、ロボットでも同じことでしょう?
そこに「個人」の存在価値が示せれば、ロボットには代わりはできないはずですから。

大手がどんどん店舗展開していくのも、ある意味では同じスキルを幅広く伝えていて、施術に関してはいい意味でロボット化しているのかもしれません。いい意味でね。

その中に人としてのサービスマインドが加わって、プラスしっかりした販促ができていたら、こりゃなかなか個人治療家にとっては大変ですよ。

僕たち個人治療家はロボットや大手とは同じことなんてする必要はないんです。
そのためにも個人個人がしっかり発信していかないと。
その発信に価値があるかどうかは、相手が判断することで自分では決められませんからね。

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
クレームが起きない一番の理由

クレームが起きないのはお店側が優秀だから? お客さんが満足してくれてい

仕事に誇りが持てるか?

いざという時の助けになればいい。 最後の砦、駆け込み寺でいい。 どうし

失敗体験はみんなで共有することができる

成功体験はその人にしかできないことが多い。 失敗体験はみんなで共有でき

今の仕事が未来永劫あると思うなかれ

今の仕事は10年後にはないのかもしれない。 ゼロベースで考えたら何を仕

ハードの進化とソフトの進化、人間の進化。

ハードは毎日のように新しくなる。 それに合わせてソフトもアップデートし