*

治療もロボットがやる時代になるかも?

こんにちは。サイモン山田です。
自分の仕事はいい仕事だよな、と思いつつ・・・。
反面、このままだと続かなくなる業種かもな、なんて思います。

さて今日のブログは、

治療家という職業は2030年にも存在するのか?

2030年には今あるかなりの職業がなくなる、そんな話を藤村先生のエクスマセミナーで聞いたことがあります。

2030年2000~2005年でも、これほど職業が減少しているんです。

治療は基本的に人間が、人間に対して直接します。
だからなくならないのでは?と思いますか?

ですが、胃ガンの手術をロボットがやった方が成功率が高くなる、ということを、これまたエクスマセミナーで聞いた時、僕はちょっと考えさせられました。

胃がん

これが新聞ね。

そのことが書いてある藤村先生のブログはコチラ

それなら「治療も悪い部分さえ分かったとしたら、ロボットがやった方が精度が高くなる」そんな状況も考えられるわけです。

もしそんな状況になったとしたら、僕たち個人治療家は生き残れるのだろうか?
もちろん生き残れる人は生き残る。
でも淘汰される人も出てくるでしょう。

施術技術だけを売りにしていたら、ロボットでも同じことでしょう?
そこに「個人」の存在価値が示せれば、ロボットには代わりはできないはずですから。

大手がどんどん店舗展開していくのも、ある意味では同じスキルを幅広く伝えていて、施術に関してはいい意味でロボット化しているのかもしれません。いい意味でね。

その中に人としてのサービスマインドが加わって、プラスしっかりした販促ができていたら、こりゃなかなか個人治療家にとっては大変ですよ。

僕たち個人治療家はロボットや大手とは同じことなんてする必要はないんです。
そのためにも個人個人がしっかり発信していかないと。
その発信に価値があるかどうかは、相手が判断することで自分では決められませんからね。

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾・第45期卒

2007年より独自のテーピング術を伝え始めました。
のべ1500人ほどにレクチャーしてきましたが、まだまだテーピングは進化の途中です。
オリジナルのテーピングを駆使し、日々患者さんの治療に当たっています。
「サイモンプレミアムテープ」絶賛好評発売中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
他人と比べるより、自分を活かそうよ。<サイモン式おせっかいシリーズ⑪>

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 勤労感謝の

業界関係者以外と付き合おう!<サイモン式おせっかいシリーズ⑩>

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 雨が降り出

業界の常識、一般での常識。どっちが常識?<サイモン式おせっかいシリーズ⑨>

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 毎日寒いね

センスを磨くためには?そもそもセンスって何だろう?

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 今日はエク

売り込まないで売りたい。どうすりゃいいのかな?

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 日ごとに寒