*

子供の成長に対しての悩みは尽きないね。

公開日: : サイモン流経営論, セミナー, 治療手記

こんにちは。サイモン山田です。
朝はそんなに寒くなかったのに、昼過ぎから冷えてきました。
東京は桜の開花宣言があったのに、まだまだ寒いですね~。

さて今日のブログは、

子供の成長には、大人の配慮は欠かせない。

最近の相談事の中で多いのが、
「ウチの子、内股なんですけど」
「ウチの子、アゴが曲がっていて、歯並びも悪いんですよ」
「ウチの子、背骨が曲がってるんですけど」
こんな相談が多いんです。

取り立てて大したことないものから、けっこう真面目に考えなきゃいけないものまであります。

だいたいは小学生のお母さんからの相談。これ大切なことなんです。
というのは、高校生にもなると、特に女の子は身長が止まる子も多い。
もし内股やアゴ、背骨を直すとなったら骨の成長中にしてあげた方が直りやすいからです。
骨が伸びているうちに直してあげた方が、無理なく効率良く直っていきますからね。

特にアゴ。これは僕が何とかできないことも多いです。
その時は歯医者か口腔外科にかかることをオススメします。
ただしアゴの勉強をしっかりされている先生にかからないとダメ。

僕は紹介する先生が決まってますので、その点はかなりありがたいです。
実はウチの子供たちもその先生にお世話になっていて、先生の説明から再度アゴの勉強をし直しました。
アロハ先生ありがとうございます!

昨日はイメージトレーニングの養成コースの日でした。

メディスン総勢30名以上の方が各地方から集結しています!
遠くは北海道から、僕も東京からですので遠方組ですけどね。

その参加者の中でも、子供に対しての悩みって多いです。
イメージトレーニングの場ですから、身体に対しての悩みはほとんどないですが、お子さんのいる方もかなり多いため、子育てに対する悩みも多かったです。

悩んでいることは人それぞれですが、「悩みがある」ってことだけでも共有・共感できると、それだけでかなり気持ちはラクになるものです。

身体にしても同じこと。
僕と親御さん、子供で身体の状況が共有できれば、先に進むのも直していくのも、それほど難しいことではありません。

身体でもイメージでも、親の果たす役割は大きいです。
それを知っているか、または委ねられるところがあるか。

成長しきってからでは、時間がかかったり間に合わなかったりすることもあります。
親が自分で解決できることなら問題ないですが、そうではない場合、早め早めに対処していきましょうね。

いつもありがとうございます!ではまた1

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾・第45期卒

2007年より独自のテーピング術を伝え始めました。
のべ1500人ほどにレクチャーしてきましたが、まだまだテーピングは進化の途中です。
オリジナルのテーピングを駆使し、日々患者さんの治療に当たっています。
「サイモンプレミアムテープ」絶賛好評発売中(アマゾンでどうぞ)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
既存顧客を死ぬほど大切に・・・する?しない?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 大切にする人顧客と

ここまで来られたのは、人に応援された証なのかもしれない。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 継続は力なり。目に

自分に興味を持ってもらいたいなら、先に相手に興味を持つこと。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 相手を知ること

失敗体験。糧にはなるが「元通り」になるわけではないんだ。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 どこまで行ってもゴ

初心。忘れる?忘れない?いや、意味違うからーーーーー!

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 人それぞれに考え方