やる人と、やらない人、やり続ける人の差って何だろう?

こんにちは。サイモン山田です。
昨日は寒かった!冬物をまだ残しておいてよかった。
腰痛の人が多かったのは気のせいではないね。

さて今日のブログは、

行動する人と、行動しない人、行動し続ける人って何が違うのか?

何かしらの行動はカンタンにできる。やればいいんだから。
でもそれを継続することで、行動が実になるわけです。
というより、行動が継続しないと、何にも実にならないんですよね。

2週連続でフロリダ族マーケティングセミナーがありました。
僕は事務局をやっていて、カンタンに言えば裏方だったわけです。

今回はFacebookのイベントページのみでの告知でしたので、各参加者とFacebookメッセンジャーでやり取りをしていました。
参加者の皆さん、ご協力ありがとうございました。この場を借りてお礼を申し上げます!

約120人の人たちとやり取りをして、なおかつ友達にもなりました。
でね、分かったことがいくつかあります。それが「行動」です。

セミナーを聞いて、すぐさま行動に移す人もいれば、行動しない人もいます。
そして行動に移しても、なかなか続かない人もいます。
もちろん行動が継続できている人もいます。

この差って、何が違って差になるのかな?と考えてみました。
僕なりの考えですが「刺激し合える仲間の存在」が行動し続ける要素なのでは?
そう考えています。

続けられる要素って大きく2つあると考えています。

まず1つ目。
治療家をしているとよく分かりますね。
ヘタすると、一日中、一週間、一ヶ月、家族と患者さん、同業者以外に交流がない、そんな状態にカンタンに陥ってしまいます。

その状態に慣れてしまうと、外部からの刺激に対して極端に弱くなります。
要するに、異業種や自分の範疇以外との交流をしなくなってしまう。
何故か?って?単純に怖いんです。コンフォートゾーンから出るのが。
これはどの業界も同じかもしれませんけどね。僕はそう感じています。
実際にエクスマに参加する前の僕は、こんな状態でした・・・。

でもそこから一歩外に飛び出すと、新しい刺激が心地良く、新しい仲間の存在が心強く、新しい世界が間違いなく拓けてきます。

そして2つ目。
自分一人だけで、行動をし続けるのってけっこう大変だと思います。
特にソーシャルメディアで発信をし続けるのは、誰かの「いいね!」や「シェア」が、心強いのは経験がありませんか?

やっぱり交流が大切だし、関係性が大切ですよね。
その輪の中で、行動や発信が継続していくような気がしています。

今のソーシャルメディアの時代、なおかつSNSでのつながりと関係性。
これがあるから、行動している仲間のことをいつでもどこでも24時間目にすることが可能です。
つまりやってるか、やってないかが、あからさまに見えてしまうんですよね。良くも悪くも。

良い解釈をするなら、継続して刺激してもらえる。
悪い解釈をするなら、やらなきゃいけないプレッシャーや、マスト感が出てきてしまう。

それでも仲間の存在は、自分を後押ししてくれる。そう感じています。

最後に結論として。
やる人と、やらない人の差。
やる人と、やり続ける人の差。
これは、意志の強さではなく、仲間の存在、交流&関係性ですよ、きっと。

でもね、一歩目は誰でも躊躇するし、難しかったりします。
ソーシャルメディアは特にそう感じるのかもしれません。

そんな人には、コレ。

04091「超初心者のための、ソーシャルメディア教習所」
これはオススメ。
超初心者向けのソーシャルメディアのセミナーです。
僕もちゃっかり参加しますので、会えたら嬉しいです(笑)

いつもありがとうございます!ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket