*

紹介は好きな人にしてもらえるとスパイラルになる~紹介スパイラル~

こんにちは。サイモン山田です。
最近は土曜日の予約が埋まり過ぎです。
来週は連休をいただくこともあるのかな。皆さんありがとうございます!

さて今日のブログは、

どうせなら好きな人に紹介して欲しい。

見出しが結論になってますが・・・(笑)
僕は「紹介スパイラル」と名付けて、紹介が紹介を生み出す仕組みを構築してきました。
その中でキモになるのが「好きな人に紹介してもらう」という考え方です。
反対に言えば「好きではない人には紹介してもらわない」、そんな考え方にもなります。

20150207このPOPを作ってくれたのも僕の好きな人。
先日遠征した新潟の「ためせるふとん屋市川」市川純子さんです!

治療する側も、治療を受ける側も同じ人間です。
治療の良し悪しもありますが、治療結果の最終的な決め手になるのは「相性」だと僕は考えています。

この考え方を前提とした時、好きではない人とはもちろん相性が合いません。
好きな人とは当然相性が合います。
すると、相性の合う患者さんが多い方が治療の結果はいいです(断言)
そして自分の気持ちとしてもやりやすいものです。

僕には何人か、それを直接言える患者さんがいます。
その人たちはもともと、僕を贔屓にしてくれ、さらにハンパない人数を紹介してくれています。

僕が言っているのは「○○さんが好きな人を紹介してね。好きな人ではないなら、僕も相性が合わないと思うからさ」そう言っています。
その時に返ってくる答えは「そりゃそうでしょ。じゃないと先生には紹介できないよ」さらに「そんな人を紹介したら、先生怒るでしょ(笑)」と返ってきます。

この関係性、めっちゃ良くないですか?僕はめちゃくちゃありがたい。
でも中にはあるんですよ。その人が直接紹介していなくても、巡り巡って紹介者が好きな人ではない人が来院するケース。

でもこれまた面白いのが、僕にはそんなに相性が合わない感じがしないんです。
それは事前に「山田は腕は確かだけど、ダメなことはダメ、いいことはいい、ってハッキリ言われるからね」と、僕の性格を含めて「誰かが」紹介してくれているんです。

紹介スパイラルが広がっている中で、ボスから末端までそれは伝わっているみたいなんです(笑)
こんな状態の紹介なら、やりやすいと思いませんか?

どんな治療家でも、一日で100人も治療できるわけではありません。
今の僕の治療スタイルなら、限界は40人くらいかな~。
だったら好きな人に囲まれて治療していた方がいい。
来院してくれる患者さんもその方がいいに決まってますからね。

これだけ数多くの治療院が存在する中で、選ばれ続けるには「勇気」と「覚悟」が必要です。これは200%断言できます。

常に「受け身で、待ちの姿勢で、何の考えもなく選ばれる」のか、または「自分自身が勇気を持って、覚悟を決めて、選ばれるようにシナリオを描く」のか。

この二つは「選ばれる」という結果こそ同じかもしれません。
ですが、天と地ほどの差があります。僕は勇気と覚悟を持って後者を選びました。

選ばれるには、まず自分が「勇気と覚悟」を選ぶ必要があるんです。
そのシナリオの描き方を4月26日のセミナーでは話そうかと考えています。
そう、明日から使えるようにね!

まだ申し込みは可能らしいので、参加したい方は下記のフォームからお申し込み下さい。

http://www.onko-chishin.net/smn/form.html

あ。治療家以外でも参加OKらしいですので。興味のある方はぜひご参加下さいね!

いつもありがとうございます!ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ

なんでSNSをやっているのかしら?理由はあるのかな?

理由もなくやっているからつまらなくなる。 誰かにやれって言われたからや

身体関係の仕事の人はマジメ。SNSをもっと使えばいいのにね。

身体関係者の人はマジメな人が多いです。 だからこそ自分をもっと表現した

悩みや迷いがある時の対処法を持っていますか?

目の前の人に貢献し続ければいい。 自分にはそれができるのだから。 持っ