*

本気の育成システム開始。

こんにちは。
やっと自分の方向性が分かった、サイモンこと山田敬一です。

以前アメブロで、「美容と治療について」を書いたことがあります。

その時のブログはコチラから
「美容と治療の境界線って?」

「美容と治療の資格について」

そこに書いた内容、実際に取り組んでいますし、自信も経験もありますが、
先日信頼している方にブレストしてもらって、ハッキリ分かりました。
この案件に本気で取り組みます。

そして施術のみの育成だけではなく、この機会に「紹介スパイラル」を言語化しました。
そしてこれだけでセミナー&講習ができるように落とし込みました。

施術スキルの独自化」&「紹介スパイラル習得」の二本立てで、育成をしていきます。

もちろん今までも本気で考えてはいました。
でもブレストした結果、本気の方向性が若干ズレていることと、まだまだ自分を出し惜しみしていたみたい。

できるのも分かっている。スキルもあるし、結果も残せている。
あとはこれをどう表現して、自分を選んでもらうか?これに尽きます。

美容業界・治療業界とかの枠ではなく、今は女性中心の世の中です。
それに合わせて、院・サロンに、僕のスキルを伝えていきます。今日がスタートです。

今日はサロン向けのセミナー講習をするので、旗上げのいい機会ですし。
やるならとことん本気で。
全ての関わる方と、成果を上げていくという「その気」で。

うまくいくかどうかなんて、先々になってみないと分からない。
その都度、軌道修正して前進していけばいいだけですからね。
今までの自分の経験と実績、気持ちとカンだけが頼り。

ここ数ヶ月はその企画作りをしていましたが、ようやくフルオープンします。
そのうちにこのブログでも詳細を公開していきますが、今のところはまだ詳しくは書きません。
抱えきれなくなったら、迷惑をかけてしまいますからね。

治療業界歴約20年、テーピング歴約20年、トレーナー歴約15年、セミナー講師歴約10年。
ここにマーケティング要素を絡めたら「サイモン山田オリジナル」が完成しました。
まだ進化はしていきますけどね。

よく「win-win」と言いますが、描いているシナリオはまさに「win-win」になります。
僕も受講者も、先にいるお客さまや患者さん、誰一人としてその輪に入らない人はいない。
あとは本当にやるだけなんだな、と改めて思います。

「決断より行動」「ダメなら変えればいい」「自分が好きで楽しいことを」それを胸にやっちゃいます。
まずは今日の講習を楽しんやってきます。(もちろん緊張はしますけどね…)

いつもお読み下さりありがとうございます1ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ