*

もっと好きなことやらないとモッタイナイ!と思う。

こんにちは。サイモン山田です。
だいぶ歩けるようにはなってきました。でもすぐに疲れる・・・。
でも大丈夫。ちょっとずつ良くなってるのが分かっているからね!

102801今日のリハビリ中の僕。いい天気だよね〜!
近所にたくさん公園があったの、病気になってから知りました。

さて今日のブログは、

全ては気持ち次第?だったらいい気持ちでいないとね。

昨日の夜は、なぜかかなり寝つきが悪かったんです。
特別ひどくカラダが痛んでいたわけでもないんですけどね。

そんな時に決まって考えているのは「先々のこと」です。
しかもなぜか「悪い想像」しかしていない、先々のことです。
別にその時に何にも悪いことが起きているわけではないのにも関わらず。

でも実際にこんなことって多いと思いませんか?
今の僕のような状況ではなくても、何か悪い方向に考えてしまうことって。

そうすると、全てが悪い方向に考えてしまうもの。
「このまま仕事ができなくなったら?」
「仕事を再開しても患者さんが来てくれなかったら?」
「そしたら生活は破綻してしまうな」・・・なんて悪い想像をしてしまう。

でもこれって何ひとつ「実際に起こっていないこと」なんです。
ってことは、例えばですけど、
「今の仕事を辞めて、他の仕事で稼いでいこう」
「もっと人に喜ばれることができるかもしれない」
「そしたらもっと家族といる時間が増えるな」・・・って考えてもいいはず!

僕は治療活動自体が好きですから、とりあえず治療現場には戻りますけどね。
でもやり方はいろいろ変えていってもいいはずですよね。

一度死にかけりゃ、物事の見方は変わります(笑)

もちろん死にかける必要なんてないんですけど!
今までは自分のやり方を信じて突き進んできましたけど、そんなツマラナイ「こだわり」や「プライド」はもうどうでもいい。

いかに自分がやりたいことをやりつつ、目の前の人に貢献できるか?
これしか考えなくなります。というか、これしか考え「られ」なくなります。

どんなり偉そうにしてたって、潰れてしまえばすぐに忘れ去られます。
会社だってそうだし、個人だってそうです。
倒産しちゃえば忘れ去られるし、死んでしまえばただの過去の人です。

そんなことを「身を持って」そして「痛いほど」感じました。
ハッキリ言って「爪あと」すら残らないのかもしれない。

だから好きなことを好きなようにやらないと。
ある程度なら人に迷惑をかけたってしょうがないじゃない。ある程度だけどね。
明らかに相手が迷惑しているならダメだよね。それはワガママだから。

でもそのくらいの気持ちで、好きなことをしてワクワクしていないと。
いい気持ちで過ごしたい。もっと楽しいことをやっていたい。

仕事どころか「好きなこと」すらできなくなる。
そんな危機に立たされたら、好きではないことに時間なんて使えない。

好きでやりたくて喜んでもらえて「体力任せ」ではないことをライフワークに。
復帰を目指しながら考えているのはそんなことです。
だってもう「死にかける」のイヤですからね(笑)

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ

なんでSNSをやっているのかしら?理由はあるのかな?

理由もなくやっているからつまらなくなる。 誰かにやれって言われたからや

身体関係の仕事の人はマジメ。SNSをもっと使えばいいのにね。

身体関係者の人はマジメな人が多いです。 だからこそ自分をもっと表現した

悩みや迷いがある時の対処法を持っていますか?

目の前の人に貢献し続ければいい。 自分にはそれができるのだから。 持っ