*

僕の仕事(治療)って、いい仕事だと思う。

こんにちは。サイモン山田です。
今日は整骨院に来て、復帰に向けての仕事をしてきました。
患者さんも一人だけですが治療してみました。大丈夫でしたよ〜。

111701仕事後ご先祖様に会いに。お墓が整骨院の近所だから仕事復帰の報告をしてきました。

さて今日のブログは、

自分の仕事に誇りを持てるなんて、スバラシイことじゃんか!

休んでいる期間にひとつ考えていたことがあります。それは、
「体力面の心配があるのに、治療活動が好きでいられるのか?」

僕にとってはものすごく重要なことなんです。
だって人生の半分は治療活動に費やしているんですから。
そして好きなことでもありますからね。

でね。
冷静になってあらためて考えてみたんです。
「本当に僕は治療が好きなのかしら?」って。

うん。好きだよな。それは間違いない。
じゃ、治療の何が好きなんだろう?

・苦しんでいた患者さんが良くなって行く姿
・スポーツで結果を残す選手たち
・できなかったバレーボールができるようになるママさんたち
その他たくさんありすぎて、書ききれないですけどね〜。

以前は「自分が評価されること、ありがとうって言われること」が嬉しかった。
でも今は「単純に喜んでもらえたらそれでいいや」って思うようになりました。

結局は「人」を診ているんだよね。これって。
症状は診ていない。(と思ってます)

僕は治療がしたかったのか?

いろいろ考えましたが、治療自体はもちろん好きです。
でもね厳密に言えば「人が良くなっていく姿を見るのが好き」なんですね。きっと。

今までは「自分が治療しなくちゃ」「オレってスゴイ」って思ってました。
いわゆる「オレオレ」ですよ。困ったもんです、ホントに。
(それでカラダを壊してりゃ話になんないですよ、マジで)

でも今はそれだけではなく、もっと高いイメージが持てるようになりました。
「喜んでもらえる治療家を増やして、治療業界を活性化したい」そんなイメージです。

そんなこともあり、12月から「サイモン治療家道場」を開催します!
温故知新の田村さんの協力もあり、思い切って始めることにしました。

今でも自分の治療には自信はあります。
今でもオレってスゴイって思ってます。
だからこそ自信のあるうちに伝えたいし、伝えなきゃなって。

治療家、学生から、治療に興味のある一般の方でも参加OKです。
だって話を聞いてみないと分からないことってたくさんあるはずですし。
もう治療家以外の参加エントリーがあったみたい(笑)

聞かれたことには何でも答えます。
答えられること、知っていることは全部話しますよ。
知ったかぶりはしません。分からないことは分からないと言います(苦笑)

詳しくはコチラからどうぞ。

ではまた〜。

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
行動を起こせなくなる理由はなんだろう?

他人の目を気にしているから。 自分の内なる声を蔑ろにしているから。 や

人に興味を持つためにはどうすればいいのだろう?

自分との共通点を見つけること。 何か貢献できることを探すこと。 人は基

望む未来を作り出すために

望むことを五感でイメージすること。 一緒に共有する仲間を持つこと。 あ

今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく