*

治療の質を上げるコツとは?

こんにちは。今日は治療現場からサイモン山田です。
今朝は寒かった。寒いと傷跡が痛むので、朝起きてすぐに分かります。
でもこれが「生きてる証拠」なんだよね。あ~生きててヨカッタ!

質より量?量より質?

こんな僕でも、いつも考えています。
どうやったら治療の質を上げられるのだろう?って。
質とは技術のことだけではなく、治療院のクオリティ全般のことですが。

・新しい治療技術を学ぶ
・マインドセットをし直す
・自然や文化に触れる
・今までやっていないことをやってみる
・異業種と交流する
・違う環境に身を置いてみる、まあいろいろやってきました。

でも僕にとってはそれほど治療の質が上がった実感はありませんでした。

よくよく考えてみると、これらはほとんど他者依存というか、環境に依存しているような気がします。
自分を変えるのではなくただ足りない部分を探して、足して足して足しまくっているだけのような感じです。

091710この「足の速くなるテーピングの貼り方」も、足し算した上で引き算をして完成させたもの。
最初からこの貼り方になっているわけではないのよね~。

足し算してないのに、引き算はできない。

基本的に足していくことは悪いことではありません。
というより、最初は足していくことしかできないですもの。
だって引くものがないんですから。。。

よく「引き算の美学」「引き算する勇気」「経営は引き算」とかってあります。
これはこれで全くもって間違いではない。
でもそれは僕が考えるに、足して足して足しまくって、いっぱいいっぱいになったから言えること。
例えば先進国の日本には「引き算の美学」は必要かもしれないけど、発展途上国にはそんなこと必要ないというか通用しないでしょう。

同じことが経験の少ない治療家には言えると思います。
何か一つに絞り込んで特化していくことは悪いことではありません。しかし大した経験もないのに、一つのことに絞り込む、つまり引き算の思考では、何にも知らないで大海に出て行くようなもの。

全てのことができるようにというのは難しいかもしれない。
しかし治療家ならば、ある程度までは「足し算の思考」でいいんじゃないかと思います。

初めは「質より量」。
そして成長とともに「量より質」に変化させていけばいい。
できることなら「量も質も」求めていけばいい!

僕の中で「治療の質を上げるコツ」とは、徹底した量の積み上げ。
そしてその積み上げた中からの取捨選択。これしかないんじゃないかと。

今また興味あるジャンルの本を徹底的に積み上げている最中です。
やっぱり自分自身をビルドアップさせる作業は楽しくて仕方ないですね。

春くらいまでには何とかカタチになるのかな~。やんぞ!
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
行動を起こせなくなる理由はなんだろう?

他人の目を気にしているから。 自分の内なる声を蔑ろにしているから。 や

人に興味を持つためにはどうすればいいのだろう?

自分との共通点を見つけること。 何か貢献できることを探すこと。 人は基

望む未来を作り出すために

望むことを五感でイメージすること。 一緒に共有する仲間を持つこと。 あ

今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく