*

理論理屈やスペックより分かりやすさを!

こんにちは。検査前のサイモン山田です。
今日はこれから病院で検査なんですよね〜。

分かりやすく伝えてこそプロ。

昨日書いたぎっくり腰のブログ、あんなにカンタンに書いたのになかなか好評でした。
そのブログはコチラから。

今までもいろいろとカラダに関してのことを書いてきましたが、あんなにカンタンに書いても伝わるのか〜。というのが正直な感想です。

理論理屈を並べるなら、あの荷物の持ち上げ方に対してもいろいろ書けるのは確かです。
でも読んでくれた方に分かりやすくするなら、理論理屈はどうでもいいような気がするんですよね。
患者さんや読んでくれる人は「カラダの理論理屈が知りたいわけではなく、ぎっくり腰になりたくないだけ」ですからね。

治療家はけっこう理論好きな人が多いんです。僕自身もそうでした。
でもね、患者さんはそんなことはどーでもいいんじゃないかな?

治ることより、ならないことが大切。

僕は治療家ですから、本分はカラダを治すことです。
でも治療院なんてお世話にならない方がいいじゃないですか。

だから予防が大切なのは言うまでもないですが、そもそも予防なんてちゃんとできないからね。
もしちゃんと予防できてたら、僕の仕事はかなり減るかもね(笑)
治療院って基本的には痛い時に行くところですから。

では予防方法を伝えて、痛みがないなら患者さんは来てくれなくなる?
イヤイヤそんなことはありません。僕は痛みの治療以外にもできることはたくさんありますし。

来院してくれるかどうかより、お世話にならない方がいいに決まってます。
病院とか治療院なんて疎遠な方がいいでしょ。行かないで済むならその方がいい。

経営的なことを考えたらそんなこと言ってられないだろ!そんな声はいつも耳に届きます(苦笑)
それでも!痛みなんて出ないに越したことはないですよね。

そういう人は治療院の運営を「痛み」とか「症状」にフォーカスしている。
僕は「人」にフォーカスしていますし、その中でも「希望」や「応援」ということがフォーカスしているポイントです。

だからなかなか伝わらないのかもしれませんが、少しずつではあるけれどようやく伝わるようになってきました。その一つがブログです。
ウチの患者さん、けっこう読んでくれてるんですよね〜。

011501このPOPや掲示物も、少しでも分かりやすく伝えたい。そう思ってます。

来院してくれた人には丁寧に分かりやすく説明をしますが、ブログで紹介するなら昨日くらいの方が分かりやすいんだね。それがよく分かりました。

あ。今日やる検査はこんな感じのヤツです。

012101この検査は「CPX(心肺運動負荷試験)」といって、心肺機能に負荷をかけながらやる試験。
これがけっこうキツイのよね。

もっともっと伝えたいことはあるので、これからまた書きますよ!
ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
クレームが起きない一番の理由

クレームが起きないのはお店側が優秀だから? お客さんが満足してくれてい

仕事に誇りが持てるか?

いざという時の助けになればいい。 最後の砦、駆け込み寺でいい。 どうし

失敗体験はみんなで共有することができる

成功体験はその人にしかできないことが多い。 失敗体験はみんなで共有でき

今の仕事が未来永劫あると思うなかれ

今の仕事は10年後にはないのかもしれない。 ゼロベースで考えたら何を仕

ハードの進化とソフトの進化、人間の進化。

ハードは毎日のように新しくなる。 それに合わせてソフトもアップデートし