「モテる」≒「商売繁盛」だとしたら、僕はどうなんだろうか?

こんにちは。今週は久しぶりに週5で治療してますサイモン山田です。

「モテ期」って人生に何度かあるらしいのですが。。。

人生に何度かあるターニングポイント。そう「人生の岐路」的なものですよね。
僕にもそんな時期が何度かありました。まさに病気明けの今がそうだとも言えますけどね~。

そして人生に何度か「モテ期」ってあるそうです。
。。。。。思い返してみても思い出せないんですよね。
ということは無かったのかもしれない。ひょっとしたらこれからあるのか?(笑)

僕らの仕事は「女性にモテる人は繁盛する」、なんて言われたりします。
でも実はこれは治療だけでなく、理美容院とか、個人経営者などは当てはまるのかもしれません。

正直これはとっても納得しています。
基本的には人気商売的な側面もありますから、モテる人の方が繁盛するでしょうし。
そしてモテる人って女性の扱いが上手というか、スマートですよね。

僕は患者さんでお見えになる場合、今は女性でもほとんど緊張しません。
でもそれ以外の場合ではいまだに緊張するし、ぎこちなくなることこのうえない(苦笑)

021901モテてみたいわ~。バレンタインデーで困ってみたいわ~。
「モテ期」か~。思い出してみてもそんな時期はあった気すらしない。。。

もしも僕にモテ期があったとしたら?

ヤバイよね。もっと繁盛してたのかもしれない(笑)。だってもっとスマートにできるはずだもの。
まあそれは冗談として、モテ期があったとしたら何か変わったのかしら?
そもそも治療家になろうと思ったのかしら?
治療家になったとしても、取り組み方とかに変化はあったのかしら?

当たり前だけど答えは出ませんよね。
でもこれも必然なんだろうと思うのです。

モテたことないって自覚している。
だから人とのやり取りや患者さんとのやり取りを勉強したし、緊張しても大丈夫な方法を体得したしね。

実際は超人見知りですし、めっちゃシャイボーイですし、もともと赤面症ですからね。
でもしゃべるのは好きだし、教える・伝えることはもっと好きです。
なんだろうね、このギャップは。。。(笑)これも自分なんですけどね~。

でも今はそんなことどうでもいいような気もしています。
「受け入れる」というか、そんな自分も好きというか、認められるというか。
そんな自分だからこそ受け入れてくれる患者さんがいたり仲間がいたりして、仕事にもつながりプライベートにもつながっているんですからね。

だからね、モテるのはウラヤマシイけど、モテてみたい気持ちは今でもあるけど。
モテなくても何とかなるってこと。

「モテる」≒「商売繁盛」の部分はあるけど、モテなくたって何とかなるって。
だって「モテる」≒「人柄がいい」ってことではないから。
これからは人柄で選ばれる時代だってこともあるんだからね。

大丈夫。モテなくても何とかなりますから。
今日は「あの人」めがけてブログを書きました(笑)
心当たりのある人いるかしら?そうアナタですよ、アナタ(笑)
ではまた。

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket