*

僕たち経営者は忘れられたら終わり。そのくらいの意識でちょうどいい。

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
昨日テーピングセミナーをしたので、毎日整骨院にいる感じ(笑)
セミナーは楽しかったな~。みんなヤル気マンマンだし。ガンバルよ~!

忘れられないようにするために。

お客さんが、患者さんがリピートしなくなる理由はこの3つ。
飽きる・卒業する・忘れられる。ですよね。
これは藤村先生のブログに詳しく書いてありますよ~。

僕の視点を加えながらちょっと思ったことを書こうかな。

僕の仕事である治療では飽きられるのは仕方ないと思っています。
そのために施術スタイルを変えるのは僕にはできないし。やりたくない。

卒業されるのもこれまた仕方ない。
本当の意味でよくなったら来なくなるし、他の治療院に転院されるケースだってありますから。

でも忘れられないようにすることは可能なんですよね。
SNSで交流を図り関係性を作ったり、ニュースレターを出したり。
接触回数が多ければそれだけ「忘れられない存在」になっているわけですから。

その人にとっての「忘れられない存在」になっていればいいだけのこと。
超有名人になんてなれないし、全ての人にアプローチなんてできないですからね。

最近テレビで見ないな~とか思っていても、けっこうローカルテレビでは活躍している芸能人っていたりするでしょ?
あれも同じですよね。全国ネットで出ていればしょっちゅう顔は見ますよね。
だから普段から活躍も知っているし、何だか親近感さえ湧いてきます。
だけど地方のローカル局を中心に活躍している芸能人は、全国区ではなくてもその地方では絶大な人気を誇っていたりします。
「誰だこの人?」って思うような芸能人もいたりするしね。

仕事は「その人」に忘れられないこと。これがとても大切

その人とは、お客さんだったり、患者さんだったり。
ブログの読者だったり、Facebookでの友達だったり、Twitterでのフォロワーだったり。
ファンだったり、サポーターだったり。

とにかく「その人」とつながりがなくなったりした時点で忘れられます。
だからSNSは大切だし、ニュースレターをはじめとしたお手紙も大切。
そしてリアルでの交流は言うまでもなく大切なんだよね。

僕は有名人じゃないけれど、患者さんには忘れられない存在になってるはず。
その人めがけて発信もするし、お手紙も書きますから。

前述しましたが飽きられたり、卒業されるのは僕の仕事にとっては仕方ないこと。
でも忘れられるのは「死活問題」くらいに考えています。
テーピングだって忘れられないツールのひとつになっていますから。僕の場合はね。

0042501▲昨日のテーピングセミナー。少人数だったのでガッツリやりました。
これで受講した治療家も忘れられないツールのひとつを手に入れたってこと。

僕もまだまだできていないことがあるけど、コツコツ積み重ねて忘れられないようにしますよ!
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人に興味を持つためにはどうすればいいのだろう?

自分との共通点を見つけること。 何か貢献できることを探すこと。 人は基

望む未来を作り出すために

望むことを五感でイメージすること。 一緒に共有する仲間を持つこと。 あ

今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか