*

何で痛んでしまうのか?どうして痛みが出てしまうのか?それはね・・・

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
相談事が多い今日この頃。
ボクは何でも分かるわけではないんですけどね・・・。

痛みをコントロールするのは「大人の責任」と「子供の自覚」。

もう、どうしようもない・・・。
そうは言いたくないんですけど、そんなケースに出くわすことってあります。

このシーズンは中学生の痛みが多いです。
しかも最終学年の学生(3年生ね)が多くなってきました。
というのはこの時期は負けたら引退というような時期なんですね。

だから学生は練習をやり過ぎてしまう。
指導者も親も、指導や応援に熱が入りすぎてしまう。

気持ちは分かります。やっぱり最後の試合だからね。
悔いを残したくないし、できればレギュラーで試合に出たいしね。
それで痛みを作ってしまうケースがホントに多いんです。

ケガの場合は仕方ない。
ケガはアクシデントですから、防ぎようがない場合もあるんです。

0053001▲以前J活で味の素スタジアムに行った時にキッズサッカーチームがプレーしてた。
 ケガ以外で痛みを作らないでほしい。僕の願いはそれだけです。ケガは僕が何とかするから。。。

でもケガ以外の場合は?

これはね、いくらでも防ぎようがあるんですよね。

強くなりたい、うまくなりたい。
試合に出たい、試合に勝ちたい。
だから学生はみんな頑張るし、ギリギリまで追い込んで練習しています。
指導者も親も、勝たせたいからどんどん熱が入り過ぎてしまいます。

そうするとカラダはどんどん疲弊し、磨耗していきます。
そう、「痛みが出ていなくても」ね。

この「痛みが出ていなくても」、というのがポイントなんです。

日常のケアこそ、指導者や親、いわゆる大人の出番であり、役割です。

学生の痛みのほとんどは「オーバーワーク」「オーバーユース」です。
要するに練習のし過ぎ、やり過ぎってことです。
練習をするなとは言いません。練習しないとうまくならないんだから。
でも練習した分、しっかりケアをしてほしいんです。

シンスプリントジャンパーズニーオスグッドシュラッター氏病などなど。
(全部wikipediaとリンク。中身を読んだけど、僕の情報量とあまり相違ないので)
ざっと挙げてもこのあたりの症状は痛みをゼロにするのは難しくても、日常のケアでかなり楽にさせてあげることが可能だと考えています。

指導者や親、大人たちは「練習させて、うまくさせて、強くさせて、試合に勝たせて」だけが指導ではないし、応援ではないということを理解して欲しい。

痛みなくスポーツをさせることも、自信を持ってプレーさせることも、指導者や親そして「大人の役割」なんです。

そうするとおのずと、カラダの知識やメンタルの知識も必要になります。
全部自分で抱える必要はありません。
その知識を持っている人と連携が出来ればいいんです。
大人だって一人ひとりが出来ることなんてハッキリ言って限界がありますからね。

ちょっとキツイ書き方になってしまいました。ゴメンナサイ。
そのくらい思い入れが強いんです。僕のおせっかいなところです。

ただね、大人の責任じゃない部分もあるんです。
そう学生自身の問題だってあります。
明日はそれについて書いちゃいます。嫌われない程度に(笑)
ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾・第45期卒

2007年より独自のテーピング術を伝え始めました。
のべ1500人ほどにレクチャーしてきましたが、まだまだテーピングは進化の途中です。
オリジナルのテーピングを駆使し、日々患者さんの治療に当たっています。
「サイモンプレミアムテープ」絶賛好評発売中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
テーピングがうまくなるために(患者さんに、アスリートに喜ばれるために)必要なこととは?

こんにちは。テーピングマスター・サイモン山田です。 どーでもよいこと

背中を押してあげよう。背中を押してもらおう。それが仲間じゃんか。

こんにちは。テーピング治療家、サイモン山田です。 一人で考える?or

やたらと怒る人。正義感タップリな人。何でだろね?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 やたらと怒る人に理

個人経営者は仕組み化しなくていいのでは?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 仕組み化しない覚悟

「好き」と「仕事」を絡めてみる。とても勇気はいるけどテンションは上がる!

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 好きに囲まれる覚悟