いい姿勢ってどんな姿勢?

こんにちは。治療家・サイモン山田です。
昨日は過ごしやすい陽気でしたが、まだまだ暑い!
ビールが美味しい季節なのは嬉しいけどね~。

さてさて、ここ最近は姿勢についての質問を、患者さんからも経営者仲間からも聞かれます。
特に猫背を気にしている人ってけっこう多いんです。

ただ僕から見ると、
「そんなに気にする必要ないのに」と思える人と、
「明らかに気にした方がいい人」大きく分けると2パターンいます。

パターン1・気にしなくていい人。

これは、
・他人に指摘されない。
・体調に問題がない。
・特別疲れを感じていない。

こんな人です。
確かに自分では猫背とか、姿勢が気になるのかもしれません。
でも、ビシッとしたいい姿勢の人なんて、そうそういませんから。
実はみんな少なからずどこかが歪んでいて、それを無意識に補正しながらうまい具合にバランスを保っています。
それが不調につながっていないなら、他人に指摘されないなら、あなたにとってのいい姿勢です。つまり自然体とも言えます。
だから気にしなくてよし!なんです。

パターン2・気にした方がいい&直す必要がある人。

これは、
・他人に指摘される。
・体調がよくない。
・常に疲れを感じている。

こんな場合は、気にして下さい!
ハッキリ言って見た目もよくないし(と思われているし)、そのために背中や腰が張ってきたり、内臓の動きも悪くなって、体調不良を起こしている可能性があるからです。なるべく早めに対処しましょう。

またパターン2の人はもちろんですが、パターン1の人でも、姿勢や猫背が気になる場合は、まずは専門家に相談した方がいいと思います。

何故なら、
何が原因で姿勢が悪いのかは「個人差」があるから。

例えば骨格に問題があるのか、筋肉が弱いためなのかなど、人それぞれ原因が違うからです。
胃下垂が原因で姿勢が悪くなって、猫背を引き起こしている場合もあるんです。

無理にいい姿勢にする必要はない!

今回のまとめとして、姿勢は、
「見た目のいい姿勢」と「使いやすい姿勢」がある。

いわゆるいい姿勢になるには、骨格や筋肉、内臓の位置、生活習慣など、かなり意識しなくてはいけないことがあります。
これってけっこう難しいと思いませんか?
だから、その人その人に合わせた「使いやすい姿勢」を見つけることが一番だと思います。
それが生活する上で「一番いい姿勢」なんです。

姿勢こういうの、したくないでしょ・・・。
だって変だもの、僕から言わせたら。

自分の「使いやすい姿勢」が分からない人は?うん、難しいな・・・。
だから僕に見せて下さい(笑)。最後に売り込みかよ!って?

だから「経営者のための姿勢コンサルティング」を始めます。
経営者が元気で、見た目もステキならば、最高だと思うしね〜。
詳細は、このブログで近日公開予定です!

姿勢や猫背って、実はけっこう奥が深いんです。
今日のブログもまだまだ「入り口」って感じですからね。
説明できるところはブログで書いていきますから、お楽しみに!

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket