怒る時は自分のココロが乱された時。その対処法を知っていれば大丈夫!

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
曇天です。明日から晴れるというけれどホントかな?
降るなら降った方がいいのにね。渇水状態なんだからさ~。

叱る?褒める?あなたならどちらを選ぶ?

最近は「褒めて伸ばす」的なことがよく言われています。
子供でも大人でも実際に叱れば萎縮するし、その時は反省するかもしれない。
でもその後は同じことを繰り返したりもしますよね。

その反面褒めて伸ばすことは可能性を最大限引き出すことができるとも言われています。
これはイメージトレーニングを学んでいるボクですので十分理解はできます。

だけどね違和感もあるんです。
叱る時はガッツリ叱っていいと思うんです。

ただし怒りの感情をそのままぶつけちゃダメ。
自分がイライラしている時はちょっとしたことなのに怒ったりすることあるでしょ。
これじゃただの怒りのはけ口にしかなってませんからね。

先日のダム巡り。吊橋まで行ったのですがめっちゃ階段を上り下りしました。
この表示を見てボクは怒りたくなりました!

0072701▲この表示を気がついたのは吊橋に行った後!「先に教えてくれーーーーー!」って。
もし最初から分かりやすいところに表示があったら?行かなかったかも。
だって往復で900段。その前に坂があったから1000段以上!

でもこの場合は自分の注意力の無さが原因ですけどね。。。
「ちゃんと見とけやー!」って逆に怒られそう(苦笑)

怒る前に自分の感情を確かめてみては?

それはホントに叱るべきことなのか?
自分の感情が不安定なために怒っているだけなのか?
難しいですよね。

今は夏休み中ですから、特にお母さんたちは四六時中子供たちと一緒なんだもの。
怒りたくもなりますよね。マジでさ。ウチもそうですしね。

始めからできなくてもいいから、ちょっとだけ立ち止まってみては?
ということなんです。

ホントはみんな褒めて伸ばしたいはずです。怒りたくないはず。
子供にもスタッフにもお客さんにも。
怒っちゃうと次にコミュニケーションを取ることってなかなかできなくなるから。

ちょっとだけ、ちょっとだけ立ち止まる。
それだけで怒りのトーンは随分変わりますからね。

不機嫌な時に不機嫌なことが起きれば人なんてカンタンに怒りを爆発させます。
あるいは不機嫌な時に自分と違う主張を耳にしたりすればカンタンに怒ります。

何で怒ってるのかといえば「自分のココロが乱されたから」かもです。
機嫌がいい時なら大して怒ることでもないことってよくありますからね。

一歩だけ立ち止まって。ちょっと深呼吸して。
怒らなくなるだけでもカラダもココロも楽になりますから。
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket