人は胸を張って、上を向いて落ち込むことはできない。下を向く(姿勢が悪い)とココロに影響する。

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
暑い〜っていうと余計に暑くなる気がします。言葉ありきですしね。
でもムシ暑いよ〜!暑いもんは暑い!でもガンバりましょ!

下を向かせないことが仕事でもある。

先日患者さんと以前書いたブログのことについて話していました。
その時のブログはこちら。

患者さんと話をしていて「うつっぽい人ってみんな下を向いてるでしょ。姿勢のいい人にうつっぽい人はいないからね。だから下を向かせなければいいと思うんだよね〜。」そんな話になりました。
患者さんは「その考え方、面白いね〜」って言ってたっけ。

いつもブログでもTwitterでも書いてますが、ココロとカラダは裏表で表裏一体なんですよね。
ボクはカラダを中心に治療をしますが、表裏一体ということは同時にココロの治療もできるっていうことにもなります。

これも繰り返しになりますがカラダから見ると、姿勢が悪くなっている状態というのは「ストレスが強い状態」つまり「ココロに影響が出ている状態」なんですよね。
だからカラダから見た時に下を向かせない状態を作れば、ココロも下を向かないようになるってことなんです。

下を向いている時ってココロの状態なら「落ち込んでいる」「元気がない」そんな状態だと思います。
胸を張って、上を向いて落ち込んでる人なんて見たことないでしょ?
カラダとココロはこんなふうに連動しているんです。

だったら治療自体も「下を向かせない治療」をすればみんな元気になるはず。
ボクは単純にそう思っています。

スマホの姿勢はココロにも影響が出るんじゃないか?

これはボクの超仮説ですけどね(苦笑)
だってスマホをイジる時ってこんな姿勢じゃない?

0080201▲ボクも当然ながらこんな姿勢です。
この姿勢が長く続いたら病んじゃうんじゃないか?
そんな気さえするんですよね。

さすがにスマホ禁止!なんて言えません。っていうかボクがムリですから(笑)

でこの姿勢が長く続くとどうなるか?
そう、歳を取るんです。時間以上に歳を取るってことです。
早く時間が経過するわけではなく、アゴの下に余計なお肉がたまるってことね。
ね。歳を取るでしょ。

だから下を向かないことって大切なんですよ。
さまざまな意味合いからも下を向かせない治療をするのがボクの仕事のひとつ。
反対側から考えてみれば、下を向かなければ何とかなるってことでもあります。
ボクは下を向かせない。そんな想いで治療をします!

あ。そうだ!体操をお伝えしておきますね!こんな感じで体操するのもアリですよ。
カンタンな体操ですがけっこう効果はあります。
普段からボク自身がやってますから。

0080202▲首にタオルを引っ掛けて、アタマを後ろに倒すだけです。ね?カンタンでしょ。

動画で見たい方はコチラからどうぞ〜!
この動画の他にもボクの考えたタオル体操(サイモン体操)が5種類ほどあります。
サイモン体操は肩こりにも効果があるので、ぜひやってみてくださいね!
ではまた!

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket