*

不言実行より有言実行。それだけで応援してもらえるのでは?

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
今日は朝から雨がけっこう降り続いていますね。寒いくらいだし。
ぎっくり腰の連絡も連発で届いています。みんな気をつけてね~。

黙ってやるより、口に出してやった方が応援してもらえる。

何をやるにしても口に出した方が結果が出やすいんじゃないかな、最近はそう考えるようになりました。
これは成功するにしても失敗するにしても、です。
でも失敗は学びだとするならば、すべからく成功しかないのかもしれませんけどね。

ボクはもともと有言実行タイプです。
というよりは、黙ってられないタイプなだけなんですけど。

もちろんうまくいかなかったことも多々あります。
そうすると、ずるずると不言実行タイプになっていっちゃうんです。
有言実行でうまくいかなかったらカッコ悪いって思ってたから。

黙ってればうまくいかなくても誰にも何にも言われないし。
カッコ悪くならずに済みますから。
(そもそもそんなに気にされちゃいないんですけどね)

00101701▲テーピングだけは躊躇なく有言実行できるかな~。
口に出し続けたからサイモンテープもできたし、新しい依頼も来たと思うしね~。

有言実行は今の時代に必要なこと。

SNS然り、クラウドファンディング然り。
口に出さなかったら、誰にも応援されることはありません。

有言実行で結果が出ないこと、カッコ悪いことを考えなくていい。
不言実行で誰にも応援されない、見てもらえないことの方がコワい。

SNSでうまくいかないことなんて山ほどあります。
だからって何も発信しない、交流しなくなったら・・・?
不言実行ってこんなイメージもあるんですよね、ボクには。

「死亡です。もう死んでます。」って言われそう。
(これは分かる人にしか分からないネタですが)

さあガンバロー。
有言実行でガンバロー。

テーピングの可能性をもっともっと広げたい。
ボクならそれができるはず!ってかやってみたい。
だからやります。

とりあえず木曜日。第一次プレゼン。
・・・時間ないけど・・・ガンバリマス!
ではまた。

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
クチコミほど超効果的で、クチコミほど怖いものはない。

クチコミで患者さんが来院するのはありがたい。 でもクチコミは悪いことも

絶対に手に入れたいものがそこにはある<大動脈解離回顧録⑫>

思いの外早く退院できたのはいいが。 これからはリハビリが仕事なんだよね

抗酸化作用があるものだけを取り扱うのには理由があります

できるだけ余計なものは取り扱わない。 自分がいいと思うものだけにしたい

整骨院・接骨院での不正請求は犯罪。患者さんも罪に問われることがあります。

整骨院・接骨院での保険取り扱いはケガのみです。 不正をすると患者さんも

プロが選ばれる時代ではない。情報発信&収集は自己責任。そんな時代になっている。

ひとつのことを極めることは大切。 それ以上に好かれていることが大切。