*

ヤマダ、BOTやめるってよ。

こんばんは。夜中の自宅のデスクよりサイモン山田です。

や〜めた!BOTや〜めた!

先日かっちゃんのブログでBOTについて書いてありました。
その時のブログはコチラから。

BOTはリアルじゃない、リアルタイムじゃない。薄々は感じていました。
まさしくその通りのブログでした。

ブログを読んで「BOTやめようかな〜」とも思いました。
つぶやきの内容を減らしたり回数を減らしたりして継続決定(どっちつかずだわ。。。)
でも何となく違和感は残ったまま。
やっぱりリアルじゃない、リアルタイムじゃないものね。

はい。かっちゃんにも指摘されてました。コレ。
「サイモン、BOTやめてもいいんじゃないの?」って。
それでも「モッタイナイ」という気持ちと、しょっちゅうツイートできないしな、そんな気持ちが交錯したままでした。

でもね、一回生死を彷徨った身なのに、BOTはそのまま機能し続けるわけです。
今は笑い話になるけど、ホントに死んでたらシャレになんない。
かっちゃんもこれには親身になって指摘してくれていました。

だってこんな内容ばっかなんですもの。

00101017▲無病息災?一病息災?死んだヤツがつぶやくにはシュールすぎる。
死んでたら誰もネタにすらできない。ホントにシャレになんない。

その時は突然にやってくるもの。

そこに決定打がきました。それが短パン社長のツイートです。

スクリーンショット 2016-10-18 01.59.31▲コレ、ボクのことですよね?
自意識過剰かもしれないけど、ボクのことですよねーーーーー!

はい。やめちゃおう。
かっちゃんに言われていた上に、短パン社長のつぶやきを発見。
もうやめるしかねーーーーー!

というわけで、

ヤマダ、BOTやめるってよ。

というわけです。

でもね、やりたくなったらまたやればいいだけ。
「やってみてダメだったら変えればいいんだから」ってこと。
SNSで最先端を走っている方々のいう通りにしてみようってこと。

カッコつけて言うなら。
死ぬつもりないから、リアルツイートにした。
って感じです(笑)

以上、ただの宣言でした。
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
クチコミほど超効果的で、クチコミほど怖いものはない。

クチコミで患者さんが来院するのはありがたい。 でもクチコミは悪いことも

絶対に手に入れたいものがそこにはある<大動脈解離回顧録⑫>

思いの外早く退院できたのはいいが。 これからはリハビリが仕事なんだよね

抗酸化作用があるものだけを取り扱うのには理由があります

できるだけ余計なものは取り扱わない。 自分がいいと思うものだけにしたい

整骨院・接骨院での不正請求は犯罪。患者さんも罪に問われることがあります。

整骨院・接骨院での保険取り扱いはケガのみです。 不正をすると患者さんも

プロが選ばれる時代ではない。情報発信&収集は自己責任。そんな時代になっている。

ひとつのことを極めることは大切。 それ以上に好かれていることが大切。