*

BOTをやめた。そもそも何でやっていたんだろう?やめた結果は・・・?

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
今日も爽やかな天気ですね~。快適です!
でも陽が落ちるのが早くなったな~。何かおセンチな気持ちです。

BOTを続けていた理由って何だったのだろう?

昨日やめたばっかりのBOT。やらたとブログにも反応をいただきました。
ボクがBOTをやめたからといって、別に何かがあるわけでも起こるわけでもありません。

生死を彷徨った身でも続けていたのは「モッタイナイ」が最大の理由でした。
よくよく考えるとその他にも「誰かのためになってるはずだ」とか「自分の考えを発信したい、残したい」そんな理由があったような気がします。

コレって結局は独りよがりなんですよね。
オレのこと見て見て〜って感じ。

誰も大してヤマダを気にしちゃいない。
というよりは人は基本的に自分のことに興味があるわけで、その自分に関わることをたまたまボクが発信してたら「いいね!」や「RT」になるってこと。

結果論ですが、ボクの中では「BOT=欲しがり」そんな風になっていたことにあらためて気づきました。
実際にいいね!の数が増えれば嬉しいし。リツイートがあったらもっと嬉しいしね。

00101901▲リアルツイートの方が圧倒的に反応の数が違います。大した数じゃないけど。
正直コレにはビックリしました。時代の流れに遅れている証拠だね。

欲しがりません。勝つまでは(笑)

じゃないけどね。もう欲しがりません。
何回も書いてるけど自分の進む道を淡々と歩んでいきます。

別にね、BOTが悪いわけではないですから。
やりたい人はやればいいし、うまく使えばいいだけのこと。
というより、うまく生かしている仕事の人はきっといるはずですから。

ボクは何かこれを機に捨てられるというか、モッタイナイ病がちょっとだけ改善するかな、と。
今まで訳もなく抱えていたものもこの機会に断捨離しちゃおうかな、と。
結果的に手元にある武器(得意技)なんてたかだか知れてるのに、端から集めまくっていたようなもんだわ。

リアル、そして今をもっと大切に、有意義にしたい。
そう思えたのは、想像外の収穫になったかな。

今、要らないもの手放してみると面白いかも知れませんよ。
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
クチコミほど超効果的で、クチコミほど怖いものはない。

クチコミで患者さんが来院するのはありがたい。 でもクチコミは悪いことも

絶対に手に入れたいものがそこにはある<大動脈解離回顧録⑫>

思いの外早く退院できたのはいいが。 これからはリハビリが仕事なんだよね

抗酸化作用があるものだけを取り扱うのには理由があります

できるだけ余計なものは取り扱わない。 自分がいいと思うものだけにしたい

整骨院・接骨院での不正請求は犯罪。患者さんも罪に問われることがあります。

整骨院・接骨院での保険取り扱いはケガのみです。 不正をすると患者さんも

プロが選ばれる時代ではない。情報発信&収集は自己責任。そんな時代になっている。

ひとつのことを極めることは大切。 それ以上に好かれていることが大切。