*

BOTをやめた。そもそも何でやっていたんだろう?やめた結果は・・・?

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
今日も爽やかな天気ですね~。快適です!
でも陽が落ちるのが早くなったな~。何かおセンチな気持ちです。

BOTを続けていた理由って何だったのだろう?

昨日やめたばっかりのBOT。やらたとブログにも反応をいただきました。
ボクがBOTをやめたからといって、別に何かがあるわけでも起こるわけでもありません。

生死を彷徨った身でも続けていたのは「モッタイナイ」が最大の理由でした。
よくよく考えるとその他にも「誰かのためになってるはずだ」とか「自分の考えを発信したい、残したい」そんな理由があったような気がします。

コレって結局は独りよがりなんですよね。
オレのこと見て見て〜って感じ。

誰も大してヤマダを気にしちゃいない。
というよりは人は基本的に自分のことに興味があるわけで、その自分に関わることをたまたまボクが発信してたら「いいね!」や「RT」になるってこと。

結果論ですが、ボクの中では「BOT=欲しがり」そんな風になっていたことにあらためて気づきました。
実際にいいね!の数が増えれば嬉しいし。リツイートがあったらもっと嬉しいしね。

00101901▲リアルツイートの方が圧倒的に反応の数が違います。大した数じゃないけど。
正直コレにはビックリしました。時代の流れに遅れている証拠だね。

欲しがりません。勝つまでは(笑)

じゃないけどね。もう欲しがりません。
何回も書いてるけど自分の進む道を淡々と歩んでいきます。

別にね、BOTが悪いわけではないですから。
やりたい人はやればいいし、うまく使えばいいだけのこと。
というより、うまく生かしている仕事の人はきっといるはずですから。

ボクは何かこれを機に捨てられるというか、モッタイナイ病がちょっとだけ改善するかな、と。
今まで訳もなく抱えていたものもこの機会に断捨離しちゃおうかな、と。
結果的に手元にある武器(得意技)なんてたかだか知れてるのに、端から集めまくっていたようなもんだわ。

リアル、そして今をもっと大切に、有意義にしたい。
そう思えたのは、想像外の収穫になったかな。

今、要らないもの手放してみると面白いかも知れませんよ。
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾・第45期卒

2007年より独自のテーピング術を伝え始めました。
のべ1500人ほどにレクチャーしてきましたが、まだまだテーピングは進化の途中です。
オリジナルのテーピングを駆使し、日々患者さんの治療に当たっています。
「サイモンプレミアムテープ」絶賛好評発売中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
テーピングがうまくなるために(患者さんに、アスリートに喜ばれるために)必要なこととは?

こんにちは。テーピングマスター・サイモン山田です。 どーでもよいこと

背中を押してあげよう。背中を押してもらおう。それが仲間じゃんか。

こんにちは。テーピング治療家、サイモン山田です。 一人で考える?or

やたらと怒る人。正義感タップリな人。何でだろね?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 やたらと怒る人に理

個人経営者は仕組み化しなくていいのでは?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 仕組み化しない覚悟

「好き」と「仕事」を絡めてみる。とても勇気はいるけどテンションは上がる!

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 好きに囲まれる覚悟