「先生、テレビで○○って言ってたんだけど本当?」

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
今日も寒い!もう暖房を入れることにしました。
でも乾燥するんだよね~。静電気がイヤなのよね~。

著名な医者よりボクの話の方が伝わるのは何故?

ちょっと前までは健康系のテレビ番組は数えるほどしかありませんでした。
それが今では毎日何らかの健康系の番組がやっています。
そう、毎日やってますよね。

これは一定数以上の視聴率が見込めるってことなんでしょうね。
ボクも以前はそのような番組はチェックしていました。
じゃないと患者さんが番組を見ていたりすると質問に答えられないから。

でも今は自分が気になる番組しか見ていません。
正直、番組自体があり過ぎてチェックできないもの。

しかも新聞や雑誌、ネットやSNSの情報まで含めたら追いかけようがないです。
それらの情報の真偽なんて確かめようがないですしね。

00110801▲完全に情報過多です。どれを信じればいいのか分からん!
否定するわけじゃないけど、かえって分かりにくくさせてるだけのような気もします。

誰の言葉を信じるか?

結局はそこに行き着きますよね。
ボクはそれなりに知識はあるけど医者ではありません。
でも患者さんにとっては医者と大して変わらない(らしい)。

そうやって信じてくれている患者さんにとっては、ボクの言葉は著名な医者以上の信頼性があることも多々あります。
そこに信頼感や関係性があればあるほどそうなります。

反対に関係性がなければ患者さんからの信頼感は薄いと言っても言い過ぎじゃないでしょうね。
こんなに健康系の情報があったら正しいのか?間違いなのか?を考えるより「誰の情報を信じるか?」しかないように思えます。

で。アナタの情報は信じてもらえてますか?

これは治療家に限ったことでもないでしょう。
その道のプロなのに患者さんやお客さんに信じてもらえてないとしたら?

それは知識不足なのではなく、関係性不足なのでは?
信頼感不足なのでは?とボクは考えています。

知識だけならネット上にた~くさんあります。
カラダのことに関しても、そこらの治療家よりネットの方がよっぽど詳しいです。
(もちろんボクより詳しいのも事実です・・・)

それでもアナタの言葉を信じてくれるってどういうこと?
それは信頼感と関係性があるからに他ならない。

ボクも信じてもらえるようにガンバリマス!
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket