*

自分は特別だと思う?大したことないと思う?成長の「伸びしろ」はどっちにあるのか?

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
陽が暮れはじめ、急に寒くなってきました。
もう4時になるとかなり暗いもんね~。ちょっと寂しいね。

「当たり前にできること」を疑い基本に帰ってみる。

先日のブログで書いた「足首の調整・テーピングの研究&検証」順調に進んでいます。

「足首を制する者、カラダを制す!」はあくまで仮説ではあります。
始めたばかりですが今のところはかなりいい成果が出るような気がしています。

仮説を立てたなら、実行に移し、そして検証です。
もうかなりの人数の足首を調整し、テーピングしていますからね。
そしてそれをもとにブラッシュアップです。

治療に関する勉強でいつも考えていること。それは、
「新しい勉強をする前に、今出来ている技術をブラッシュアップすること」
これに尽きます。

今回の足首の件もそうなんですね。
新しい治療技術や新しいテーピング技術なんて、そんなカンタンに生まれるわけではありません。
その前に今までの技術を見直すことで、ちょっとしたアレンジを加えたら新しくなることも十分考えられるんです。

「当たり前」を疑ってみて「もっと伸びしろ」がないのか?って考えてみること。
一度ゼロベースくらいの見直し方でもいいとすら思います。

山田テーピング 039山田テーピング 037▲これがボクのオリジナルテーピング法「一枚テーピング」です。
一枚のテーピングで10個以上の効果を一気に出すという方法。
これはそうそう誰にでも貼れるわけではないです。完全オリジナルね。

ゴッドハンドでもカリスマでもないからこそ。

患者さんでそう言ってくれる人はいますよ。
もちろん冗談でね(笑)

特に古い付き合いの患者さんはボクの不器用っぷりはよく分かっています。
そんな人は冗談でもゴッドハンドなんて言いません。
大した実力のない頃からボクを信頼し付き合ってくれているわけです。

ボクはそれを分かっています。
「大したことない自分を自覚している」からこそ、基本に戻りコツコツやれるんです。

でも反面、こうやってコツコツ続けることが「一点突破」であり「フォーカス視点」であり「レーザービーム志向」だとも分かっています。

「得意なことがあるなら、それをとことん追求すればいい」
ボクはこれでいいと思っています。

たまたま出会ったテーピングに魅了され、早20年以上。
まあまあ遠回りもしたけれど、戻って来られてよかったです。

今では当たり前にできることも最初はできなかった。
ゴッドハンドなんて冗談でも呼ばれることは想像できなかった。
得意なことなんて何ひとつなかった。

全部コツコツ積み上げた「結果」が「今」になっているだけなんです。
それが「得意」といえるほどになっただけです。
だから!コツコツやれば「もっといい結果」になるのは分かっています。

だってね。
ボクは特別な人間ではなく、大したことない人間ですからね。
だから!成長の伸びしろは、た~くさんあるってこと。

オレはスゴイ!オレは特別!オレは選ばれた人間!
って暗示をかけるのはボクはニガテです。試してみたけどね(苦笑)

自信がないから、コツコツやる。そのくらいでちょうどいい。
さあこれからもコツコツやるよ~!
ではまた。

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾・第45期卒

2007年より独自のテーピング術を伝え始めました。
のべ1500人ほどにレクチャーしてきましたが、まだまだテーピングは進化の途中です。
オリジナルのテーピングを駆使し、日々患者さんの治療に当たっています。
「サイモンプレミアムテープ」絶賛好評発売中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
テーピングがうまくなるために(患者さんに、アスリートに喜ばれるために)必要なこととは?

こんにちは。テーピングマスター・サイモン山田です。 どーでもよいこと

背中を押してあげよう。背中を押してもらおう。それが仲間じゃんか。

こんにちは。テーピング治療家、サイモン山田です。 一人で考える?or

やたらと怒る人。正義感タップリな人。何でだろね?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 やたらと怒る人に理

個人経営者は仕組み化しなくていいのでは?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 仕組み化しない覚悟

「好き」と「仕事」を絡めてみる。とても勇気はいるけどテンションは上がる!

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 好きに囲まれる覚悟