*

情報収集は何より現場から。現場を見ずして語ることにあんまり意味はない。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。

情報は現場に転がっている。

最近買いまくっているテーピング。
amazonでの収集では飽き足らず、スポーツ用品店でテーピングを3つ手に入れてきました。

売り場の様子も見たかったんです。
どんな風に売られているのかを目で見たかったから。
ドラッグストアではしょっちゅう見てるけど、スポーツ用品店はなかなか行かないからね〜。

ハッキリ言ってただ置いているだけって感じ。
全くチカラは入れてないね。これじゃ売れないです。
テーピングそのものも伝わるわけないって感じでした。

そして肝心のテーピングです。
パッケージからはじまり、取説、テーピングそのもの、裏紙、貼った感じ、かぶれ、などなどをボク独自の視点で評価してみました。

これじゃ、ダメだわ。

ボクは自分の整骨院でオリジナルのテーピングを使っていることもあり品質にはかなりの自信はあります。

だから当然のごとく市販のテーピングには手を出していないわけです。
久しぶりに店頭でわざわざ「定価」買ってみていろいろなことが分かりました。

品質そのものはとりあえず横に置いておきます。
それ以前の問題なんです。
そんなテーピングばっかりなわけ。

パッケージがハサミを使わないと空けられない。
一度空けたらしまえない。
取説が英語表記のみ。
貼り方が全く書いてない。
テーピングの口留シールを剥がすとテープが破れる。
こんなテーピングばっかり。

値段がどうこうの前にこんな状態じゃテーピングの良さが伝わるわけないよね。
大手のスポーツ用品店、もっと頑張ってほしいな〜。

17021401▲今回買ったテーピング。決して安くないのよ。
それなのに品質は大したことなかったから参ります。

今はモノがいいのは当たり前なはずなのに。

肝心なテーピングそのものは?
ボクにとって全く納得いくものではありませんでした。

ガッチガチに固めたい人や、できるだけ安価なモノが欲しい人、これで納得している人はそれでいいのかな、と思います。

ただどれひとつとして、使い方が書いてないのにはビックリしましたね。
ただ売ってるだけ。
これはスポーツ用品店だけの責任ではなく、メーカーサイドの責任もあると思います。

ボクもこれからオリジナルのテーピングをリリース予定です。
そうすれば小さいながらもメーカーサイドになるわけです。

大きいところに取り扱ってもらえるほどではないかもしれません。

だけど小さくとも、
使う人に喜んでもらえるようにします。
テーピングで体験できる価値を伝えます。
価格では競争できない分、使う人に親切なテーピングにします。
今まで他のテーピングを使っている人にも納得してもらえるテーピングにします。

やっぱり現場を見て、あえて買って、自分で試してみてよかった。
通販では分からないことがたくさん分かりましたからね。

amazonで注文したモノとダブるかもしれないけど、現場最優先ということで仕方ないか〜。
ほとんど使わないのにね(苦笑)

現代社会ではモノがいいのは当たり前。のはず。
その上で価値をどう伝えていくのか?
そう言われていますよね?

だけど今回買ったテーピングについては、モノとしてもどうなのかとちょっと疑問符がつきます。
このあたりを踏まえた上でしっかりモノづくりをし、最大限にテーピングの価値(テーピングでどんな体験がてきるのか?)を伝え、その先に関係性を築いていければいいのかな。

カンタンではないでしょうけど、まあ何とかなるでしょう。
楽観的なのがボクの取り柄ですので。

テーピングマスターと名乗ったからにはね。
微力でも少しずつでもテーピングの良さを伝えていきます。

いつもありがとうございます!ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ