*

「誰かに届くように書く」のと、「誰かを気にしながら書く」のはまったく別の反応が出る。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。

人の目なんて大して気にする必要はない。

ブログでもFacebookでもTwitterでも。
誰か一人に届くように書くと反応はいいものです。

ただ誰かの目を気にして書いている場合、
その時の反応は大したことがないのがほとんどです。

業界の目、先輩の目、仲間の目、いろんな目があります。
ボクだって気にすることはあるんですよ。

ただ、大丈夫です。
誰もそんなに見てはいませんから。

見てはいないし、見ていない人ほどあれこれ言ってきたりする。
たまにしか見てないしやってないクセにね。

1702260117022602▲今日はタムさんのワードプレス初心者向け講座。
タムさん単独開催は初なんです。ちょっと緊張気味?

「治療家向け」ブランディングについて書き始めたら?

そのタムさん。
ブログで治療家のブランディングについて書いています。

書き始めの頃はけっこう書いていいのか迷っていたみたいでした。
それでも「治療家向け」に書き続けてきたんです。
(まだ20記事程度ですけどね。笑)

最初は
「僕がこんなブログ書いていいんですかね〜」
なんてことを言っていたりしました。

それでも治療家向けに書き続けてきた。
ボクも「これで大丈夫だから!そのまま書き続けましょ!」と背中を押し、ケツを叩き続けました(笑)

そしたら。
治療家から仕事の依頼が入り始めた。
Webサイト構築、名刺、書籍出版、などなど。。。

「誰に向けて書くのか」を明確にした結果ですよね。
あんだけ迷ってたのがウソみたいに結果が出始めています。

タムさんのブログはコチラから。
治療家&職人仕事の人は役に立つと思いますよ。
問い合わせや仕事の依頼はこのブログからしてみて下さいね。

今日の講座もその延長から始まった講座なんです。
「治療家向け」に特化してるところがいいと思うんですよね。

ボクもこの講座を受けて(サポートして)自分でやりたいことがある。
人に説明できるくらいになっておけば、もっとスピードが上がりますからね。

さ。始まります。
今日もガンバロっと。サポートしますよ!

いつもありがとうございます!ではまた。

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
足の疲れを取る、疲れにくくするテーピング、あります。

足の疲れに効くテーピング。 たった一枚貼るだけで効果アリ。 姿勢の

腰痛・肩こり、どこに行けばいいのか分からない。信頼できる人の言葉を信じて行動するのが一番です!

治療を受けたいなら有資格者のところに行きなさい。 無資格者のところでい

行き詰まる時の共通点はある。ピンチを脱出する時の考え方とは?

基礎や基本は本当に大切。 土壇場ではそれが表に現れる。 だからこそとこ

ライブ&リアルと、動画の差は当然ある。両方を融合させる使い方を考えよう。

ライブやリアルは伝わりやすい。 動画だと伝わりにくい。 たぶん伝え手の

勝ちにこだわる姿勢はいいのか、悪いのか?

負けるより勝った方がいい。 スポーツをやるならガチでやりたい。 それは