*

「積極的に集客しなくてもいい方法」を本気で考えてみよう

こんにちは。

マーケティングについて真剣に考え中、サイモンこと山田敬一です。

集客・・・。

商売をやっていれば「集客」については、避けては通れない部分です。

僕の仕事である治療も含めて、人が来なければ商売は基本的に成り立ちませんから。

僕は開業当初、ホームページやチラシで集客をすることを考えて実践していましたが、全く反応がありませんでした。

開業時は、正直マーケティングの知識がほとんどなかったので、ある意味当たり前なのかもしれません。恥ずかしいことですけど。

結果的に僕を救ってくれたのは、「既存患者さんからの紹介」でした。

以前勤めていた整骨院から、そのまま移動して下さった患者さん、少ないながらも来院してくれていた患者さん。

その一人ひとりに、初診時に手書きで封書を送り続けました。最初はヒマだったのもありますけどね。

元々、技術にはそこそこ自信はありましたから、それが後押ししてくれたことも事実です。 だから技術は技術で大切です。

 

しかしその手書きの封書がきっかけになり、数多くの紹介が発生し、師匠・藤村正宏先生の書籍でも「紹介スパイラル」と取り上げていただくまでになりましたから。

今は集客については、ほとんど悩むことはありません。

たくさんの患者さんが来院してくれているのもありますが、それ以上に、

「どんなに販促をしても、来院するかしないかを決めるのは、患者さん本人」だと割り切っているからです。

 

僕は「誰でもいいから、ウチに来て欲しい」とは、これっぽっちも思っていません。

数ある治療院の中で、本気で僕を選んでくれた人に対して、しっかり治療をしていきたい。

だから断ることもあるし、怒ったり、叱ったりすることもあります。

今一番大切にしているのは、紹介で来院された患者さんです。

これは偽らざる事実です。紹介してもらえるというのは、そのくらい大切なんです。

「既存顧客を死ぬほど大切にする。」

これに全力で取り組んでいれば、僕たちの業界ならば、間違いなく集客をしなくてもうまくいくはずです。

 

そして、他の業種でも新規顧客獲得よりも大切なのは、間違いなく既存顧客に対する「コト」。

コトとは、関係性作り、アフターフォロー、サービス、新規顧客とは違うアプローチ、たくさんあります。

中でも一番と言っていいくらい大切なのは「紹介してもらえる仕組み作り」でしょう。

紹介はある意味、一円もかけずに新規顧客を獲得しているという、素晴らしくステキな状況です。

(もちろん、既存顧客に対してのコストはかかっていますけどね)

 

では「紹介してもらえる仕組み」とは、どんなことを指すのでしょうか?

僕にとって最重要だと思っているのは、

「名刺&紹介カード」です。

(これは、今の名刺の3つ前のもの。この名刺になってから紹介率が増えました)

 

巻三2011_11直し

もし患者さんを紹介したいとしても、紹介する際に何も相手に渡せなかったら、紹介したとしても来院しにくいと思いませんか?

他の業種でも、手元に何もない状態だったら、どうやって確認しますか?

だから僕は、名刺と紹介カードを「一緒に」しました。

以前は名刺と紹介カードは別々だったんです。その時は今ほどの紹介率ではなかったように思います。

 

だからこの状態にしてから紹介が一気に増えだしたのは、偶然ではなく必然です。ある意味では「狙い通り」だったんです。

そうしてもらえるようにしたのが、この「名刺&紹介カード」ですからね。

僕の業種はもちろんうまくいくはずです。だから応用すれば、他の業種だってうまくいくはず。

 

その他、ソーシャルを含む「デジタル媒体」、手書きの販促物などを含む「アナログ媒体」、いろいろなことをブレンドしていくことで、紹介やクチコミは発生していくものなんです。

これからこのブログで「紹介が紹介を生む仕組み作り」について、続けて書いていきたいと思います。

特に新規顧客獲得より、既存顧客重視を実践していきたい方には、面白いと思います。

新規集客に対して考えている方は?サラッと読んでいただければ大丈夫です。

読んだ後は、既存顧客に対しての考え方が変わるかもしれないですけどね~~~。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
抗酸化作用があるものだけを取り扱うのには理由があります

できるだけ余計なものは取り扱わない。 自分がいいと思うものだけにしたい

整骨院・接骨院での不正請求は犯罪。患者さんも罪に問われることがあります。

整骨院・接骨院での保険取り扱いはケガのみです。 不正をすると患者さんも

プロが選ばれる時代ではない。情報発信&収集は自己責任。そんな時代になっている。

ひとつのことを極めることは大切。 それ以上に好かれていることが大切。

顎関節の症状、歯の痛み、原因になるものはなにがあるのか?

顎関節の症状や歯の痛みは「その部分」だけに問題があるわけではない。 身

顎関節症が歯医者「だけ」では治らない理由。

歯医者は基本的に歯を診るところです。 整骨院は骨格や筋肉を診るところで