*

施術なんて誰でもできる?「やり方」だけならできる。「あり方」はそうカンタンにできない。

こんにちは。テーピングマスター・サイモンこと山田敬一です。
今日は治療についての私見全開でお送りします。

施術方法は「やり方」、状態把握は「あり方」。

治療業界には多種多様の講習やセミナーが存在します。

施術関係からはじまり、もちろんマーケティング的な内容。
そして節税対策や資産構築なんてのもあります。

どれもこれも決して悪い内容ではないはずです。
むしろ考えに考え抜いて講義をしているはずですから悪いわけがないんです。

でもね。
最近違和感を感じるようになってきました。
それはセミナー内容にではなく「セミナー受講者」になんです。

セミナー受講してきました。
それをやってみました。
うまくいきました。

うん。
そこまではいいよね。何も悪くない。
むしろ喜んでもらえてるはずですし。

問題はその先です。
ブログとか、ホームページで。

だからカラダは◯◯なんですよ。
だからカラダは△△で▲▲とつながっているんですよ。

おい。付け焼き刃のお前がそれを言うなよ。
もし言いたいなら出どころをハッキリ言えよ。
どこでどのくらい学んでいるのかを言えよ。

だましているとまでは言わないけどね。
大して症例数もなく、
実績も少なく、
経験数もそこそこしかないのに、
したり顔で言ってるのを、書いているのを見ると情けないというか、恥ずかしくなります。

患者さんはそれを見て来院することがあるかもしれません。
それを見て、心から信じて来院する患者さんもいるんです。
藁をもすがる思いで来院しているのかもしれないのに。

やり方だけなら施術方法なんてカンタン。

一番難しいのは、相手の状態の把握です。

施術方法なんてそんなに大きくは変わらないんです。
誤解を恐れずに言えば施術自体は難しくはありません。

ルーティンで教えればいい、覚えればいいわけですから。
ボクがエステティシャンに教えているのはそういうことです。
だからカンタンに結果が出せるわけです。

一番理解すべきなのは「状態把握」なんです。
状態が分からずして、適切な施術方法のセレクトができるはずがないんですね。

▲このテーピングの方法も状態を把握した上で貼っています。
ただ単純に貼ればいいってもんじゃない。施術ってそういうもんです。

本気で結果を出したいなら、もっと本気で取り組もう。
「施術方法」にではなく「状態把握」にチカラを入れようよ。
やり方ではなく、あり方に対して考えようよ。

カラダのどことどこがつながっていて~
だからこうするとこうなるんですよ~
施術を受けたい人は来てね~

ホントにそんなこと言って、書いて大丈夫なのかな?
やり方ではなく、あり方が大切なのにね。

あのね。
もっとちゃんとしよう。
だからナメられるんだよ。

整骨院なんて、
接骨院なんて、
整体院なんて、
カイロなんて、、、ってさ。
(鍼灸については知見がないので書きません)

危機は目の前です。
というかもう来てるけども。

聞くところによると、整形外科は今メチャクチャ忙しいらしいです。
今まで整骨院・接骨院で保険治療を受けていた人が、整形外科に流れているんだろうと思っています。

そりゃそうです。
そういう流れになるのは規定路線です。

その前に。
「やり方」ばかりにとらわれ、ロクに患者さんのことを「診ていないツケ」がまわってきてるんじゃないの?
「あり方」が間違っているんじゃないの?
ボクにはそう思えて仕方ないです。

施術方法に関してはセミナーに参加すればできるようにはなります。
あくまで施術方法だけならね。

ブログでもホームページでも語れます。
これも上っ面のことだけならね。

そこに「本質」はありません。
ボクはそう考えています。

もっとちゃんとやろう。
言いたいことはそれだけです。

はい。今日は私見全開でした。
あくまでボクの見解ですのでね。あしからず。
ではまた。

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
クレームが起きない一番の理由

クレームが起きないのはお店側が優秀だから? お客さんが満足してくれてい

仕事に誇りが持てるか?

いざという時の助けになればいい。 最後の砦、駆け込み寺でいい。 どうし

失敗体験はみんなで共有することができる

成功体験はその人にしかできないことが多い。 失敗体験はみんなで共有でき

今の仕事が未来永劫あると思うなかれ

今の仕事は10年後にはないのかもしれない。 ゼロベースで考えたら何を仕

ハードの進化とソフトの進化、人間の進化。

ハードは毎日のように新しくなる。 それに合わせてソフトもアップデートし