*

そんなのアンタに言われたくないわ!

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。
今日はお呼ばれして講習をしてきます。
9割以上は初対面。人見知り全開で話してきます(笑)

それは図星だからです。

タイトルの答えはこれに尽きます。
そんなことアンタに言われたくない!と思うココロ。
ボクにももちろんあります。

アンタに言われたくない、オマエにそんなこと言う資格があるのか?
そう思うココロの裏側は「図星」があるからです。

もし「図星」でないなら、なんにも感じないはずです。
なんにも感じないなら「図星」ではないですよね。

と同時に考えたことがあります。
「ボクはどのタイミングでこういう気持ちになるのだろう?」と。

どちらかと言えば、
「オマエにそんなこと言う資格があるのか?」
こう思うことはしばしばあります。
(もちろん直接は言われませんよ。ブログを読んだ時に思うだけですから)

ひとつは実績。もうひとつは経験。
大した実績もないのに、言われるのは(書かれるのは)ね。

失敗も成功も経験していないのに。
なんでそんな大層なことが言えるんだろうか?

ホームページと同じく、ブログもオウンドメディア化しています。
だって自分で何でも書けるんですからね。

▲新しいスライドを作って臨む講習です。
自分の経験をベースに伝えたいことを伝えてきます。

そういうオマエはどうなのよ?

整骨院に関しては、治療に関しては言えるはず。
テーピングに関してもそうだし、運営に関してもね。

圧倒的に成功している、という意味ではありません。念のため。
(ボクのことを知っている人は分かりますよね。。。)

失敗も含めて、相当な「経験・体験・場数」があります。
だから言えるし、書けるってことです。

もちろん表現の自由があります。
別にボクがどうこういうことでもありません。

もし経験や場数だけを土台にするのであれば、ボクの若い頃なんて相当言い過ぎたし書き過ぎていましたよ。
大した経験もないのに、実績もないのに、オレが一番だと思っていましたし(苦笑)
その頃を思い出すと、ホントに恥ずかしい限りです。

ただその頃は幸いだったのか、今ほど表現の手段はありませんでした。
あったらヤバかったな。完全にやりすぎていたところです。

今は表現ができるフィールドが格段に多くなりました。
ブログもそうですし、Facebook、Twitterをはじめ、各種SNS媒体でも表現ができます。
動画でも表現ができるし、ライブ中継だってできるんですから。
デジタルでもアナログでも表現の手段はたくさんあります。

だからこそ今一度考えてみたい。
その情報は経験上のものなのか?
実績から言っていることなのか?
情報のソースは自分なのか?他に出処があるのか?
どう捉えてほしいのか?

これはボク自身が肝に銘じていることです。
特にマーケティングに関していえば、ボクはエクスマがベースです。
SNSに関して言えばフロリダ族がベースですから。

テーピングに関してもボクが最初に勉強したのは「キネシオテーピング協会」でした。
これらは全て言い続けていることなんです。

ボクの私見ですけどね。
言えないのは、言わないのは、何か事情があるのかな。って。
もし図星だったらゴメンナサイ。

今日はそんな話をしてきませんが、分かりやすく伝わるように話してこようっと。
「アンタに言われたくないわ!」と思われないように、ね。
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ