*

治療家はSNSをどう使えばいいのか?<サイモン式おせっかいシリーズ⑥>

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。
毎日寒い。ヒートテックがこんなに早く活躍するとはね~。

SNSを使い倒そう!

治療家の中にはSNSに対して懐疑的な人もまだまだ多いことでしょう。
実際に使っていないという人も多いのではないでしょうか。

そもそもSNSを使っていない人はこのブログもたぶん読んでいないですよね~。
多少は使っているという前提で書き進めていきます。

治療業界で一番の集客源になっているのは何か分かりますか?
Webサイト?チラシ?ポスティング?
あえてこんな書き方をしていますが、一番は「紹介&クチコミ(以下、紹介と書きます)」です。
(紹介はいいことが伝わります。クチコミはいいことも悪いことも伝わります。だからボクは紹介を最重要視しています)

一番と書いたのには理由があります。
それは「紹介が最も関係性ができているから」です。

Webサイトもチラシもポスティングも。
どこの誰か分からない人が来院します。
カンタンに言えば完全な「新規患者さん」です。

でも紹介の場合は、多少でも治療家の情報は相手に伝わっています。
そして紹介者の人柄を考えた時、どんな人を紹介してくれたのか?はある程度把握できるものです。

そう、SNSは紹介をしやすくし、関係性を構築するツールなんです。
SNSの運営だけでいきなり来院者が増えることはありません。
ここを勘違いすると、SNSを使うのが単純に面倒になりますのでご注意を。

▲SNSはただのツールです。遊びの延長線上にあると言ってもいいでしょう。
でもこれからSNSがとても重要になるのは間違いありません。
そろそろ過去のアメブロも使おうかと画策中の今日この頃です。

SNS、どうやって使い、遊べばいいの?

これには残念ながら答えがありません。
ボクもいまだに勉強中というか、継続して遊んでいる最中です。
そしてどんどん進化することは間違いないからです。

治療家のFacebookを見ると思うことがあります。
それはコメントやいいね!は「同業者」がほとんどってこと。

これが悪いわけではありません。
同業者に向けて発信し、交流しているならそれでいいでしょう。

もし患者さん向けに発信していて同業者が交流してきているなら?
これってたぶん方向性が違っているってことです。

この状態、ただの仕事のツールにしかなっていません。
だからSNSを使うのが面白くなくなるんだと思います。
そして「治療家には必要ない」という答えになるのでしょう。

使い方が違う。遊び方が違う。
ただそれだけのことです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ボクの使い方の紹介です。
ブログ、Facebook、Twitter、instagram、swarm。
使っているのはこのあたりですが、使い倒しているとは言えない状況ですね。
偉そうにSNSのことについて語れない。そんな感じ。

ボクは基本的にどのツールを使う時も「誰か」を意識しています。
そのツールごとに「世界」が違いますから、そのツールごとに意識している「誰か」は違ってきます。

このあたりはブログでは全く伝わらないはずです。
しっかり使い倒したいなら、しっかり勉強することをオススメします。

ちなみに教えるのはボクではありません。
ちゃんと教えてくれる人を紹介します。
治療家の人で勉強したい人は教えますのでご連絡下さい。

冷やかしとか、カンベンして下さいね。
ボクも責任を持って紹介したいですから。
この人はダメだわ、とボクが勝手に判断する場合もあります。
ご了承下さいませ。

ではまた次回!

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ

なんでSNSをやっているのかしら?理由はあるのかな?

理由もなくやっているからつまらなくなる。 誰かにやれって言われたからや

身体関係の仕事の人はマジメ。SNSをもっと使えばいいのにね。

身体関係者の人はマジメな人が多いです。 だからこそ自分をもっと表現した

悩みや迷いがある時の対処法を持っていますか?

目の前の人に貢献し続ければいい。 自分にはそれができるのだから。 持っ