*

「治したい」と思うと「治らなく」なる身体の不思議さ。

気合いを入れれば入れるほど空回り。
そんな経験ってありませんか?
これは治療家だけではなくて誰にも当てはまるかもね。

「・・・したい」はその状況を作り出す。

イメージ・潜在意識・引き寄せ・・・。
このあたりを書籍で読んだことがある人は分かるかもしれません。

要するに「・・・したい」と思っていれば、そう望んでいれば「その状況」が目の前に現れる。ってことです。

タイトルのように「治したい」と考えていれば「治したいと考えている状況が目の前に現れる」わけです。
そうです。その「治したい」は「叶っている」状態です。

いくら気合い入れて「治したい!」って念じたところで治るわけない。
治るのは治療家の技量ではなく、相手(患者さん)次第なんですから。

これは患者さん側も同じことが言えます。
「治したい!」と考え続けている限り「治したいと考えている状況が目の前に現れる」状況になります。
そうです。その「治したい」は「叶っている」状態です。

だから「治らない」ことがしょっちゅう出てきます。
そうすると治療家の心はどんどん病んでいきます。
患者さんも「どうして治らない?」となり、治療院ジプシーになってしまうんです。

ボクなら3人続けて「治らない」なんて言われたらヘコみ過ぎて痩せ細ってしまいます。
言われてないからこんなにふくよかなんですけどね・・・。

ではどうすれば「治りやすく」なるのか?
ボクなりの答えを次に書いていきますね。

この先は治療家向けに書いていきますのでご了承を。

▲このドアを開けて帰っていく患者さんたち。
その状況を想像したことがありますか?
あるならどんなことを想像しましたか?

気合いは要らない。イメージしろ!

先に書いておきますけど、いくらいいイメージをしても、きちんとしたスキルがなければダメですからね。
想像だけで相手が治ってくれるほど甘くはないですからね。

自分で行動を起こししっかり現場経験を積むこと。
もう黙ってても患者さんが来院する時代ではないんです。

上記を踏まえた上で、
・今自分にできる施術に集中すること(今まで経験以上の力は出ません)
・相手が「良くなりました!」と言っている場面を想像すること(五感をフル活用してね)
・患者さんの症状にフォーカスせず「人を診る」こと(相手はモノではなく人ですよ)

治ったかどうかを決めるのは患者さんです。
どんなに過去最高の気合いと施術スキルを用いても、相手が「治ってない」と言ったら「治ってない」んです。

・「治したい」とその状況を招く治療家
・そして「治ってない」と言う患者さん
完璧といっていいほどにこれは「セット」になりますので。

とにかく上の赤字で書いた部分に意識を集中すること。
治療家の「マインドセット」と言っていいくらい重要なことです。
これだけで講習をしてもいいんじゃないか?っていうくらい重要ですよ。
試験があったら確実に出題されるくらい重要なところです。

「治したい」と思うと「治らなく」なるんだから。
本当に身体って不思議なもんです。

 

最後にちょっと補足をします。

「勉強について」です。
もちろん勉強が悪いわけではありません。

「治らない患者さんがいるから勉強する」って治療家はよく言います。
それはその通りです。ボクもそうやって勉強を重ねてきました。

このキャリアになって少し考え方が変わりました。
まず「マインド」が出来上がっていることこそが重要なんです。

ちょっと勉強した、セミナーに出た、講習を受けた。
そして患者さんの状態がよくなった。
その程度でいきなり実力が上がるわけではないんです。

ここを治療家は勘違いしすぎている。
講習を受講直後に患者さんを施術した時に相手が良くなるのは、
「施術スキルだけではなく、講師のマインドごと受け入れている時間帯だから」これが答えです。

だから時間が経過すると「あれ?この治療法じゃ治らないな~」となる。
そしてまた違う勉強会に参加し出したりするんです。

最新のスキル?最新の機械?最新の治療術?
それはけっこうなことですがマインドセットができていなければ、意味なし。

ちょっと最後は過激になっちゃいました。
でもこれがボクの自論です。

やまだ整骨院 院長 山田敬一

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾・第45期卒

2007年より独自のテーピング術を伝え始めました。
のべ1500人ほどにレクチャーしてきましたが、まだまだテーピングは進化の途中です。
オリジナルのテーピングを駆使し、日々患者さんの治療に当たっています。
「サイモンプレミアムテープ」絶賛好評発売中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
足がむくんじゃうのって、どうすればいいのかしら?

ケツを緩めろ!お尻を緩めましょう!臀部を柔らかくしましょう! むくみが

肩こりから頭痛になる人の対処法って?

肩がこって頭痛も起こす人は身体が緊張しています。 心はリラックスしてい

睡眠不足もオーバーワークなんじゃないか?

全ての原因はオーバーワーク。 やり過ぎは何でも身体に心に良くない。 適

自分を活かせる場所はどこなのか?

唯一無二になればいい。 その人の一番になればいい。 自分を活かせる場所

指を伸ばすと肩こりがラクになる。

スマホでもパソコンでも指は必ず使います。 手を腕を使っているのではなく