*

「治したい」と思うと「治らなく」なる身体の不思議さ。

気合いを入れれば入れるほど空回り。
そんな経験ってありませんか?
これは治療家だけではなくて誰にも当てはまるかもね。

「・・・したい」はその状況を作り出す。

イメージ・潜在意識・引き寄せ・・・。
このあたりを書籍で読んだことがある人は分かるかもしれません。

要するに「・・・したい」と思っていれば、そう望んでいれば「その状況」が目の前に現れる。ってことです。

タイトルのように「治したい」と考えていれば「治したいと考えている状況が目の前に現れる」わけです。
そうです。その「治したい」は「叶っている」状態です。

いくら気合い入れて「治したい!」って念じたところで治るわけない。
治るのは治療家の技量ではなく、相手(患者さん)次第なんですから。

これは患者さん側も同じことが言えます。
「治したい!」と考え続けている限り「治したいと考えている状況が目の前に現れる」状況になります。
そうです。その「治したい」は「叶っている」状態です。

だから「治らない」ことがしょっちゅう出てきます。
そうすると治療家の心はどんどん病んでいきます。
患者さんも「どうして治らない?」となり、治療院ジプシーになってしまうんです。

ボクなら3人続けて「治らない」なんて言われたらヘコみ過ぎて痩せ細ってしまいます。
言われてないからこんなにふくよかなんですけどね・・・。

ではどうすれば「治りやすく」なるのか?
ボクなりの答えを次に書いていきますね。

この先は治療家向けに書いていきますのでご了承を。

▲このドアを開けて帰っていく患者さんたち。
その状況を想像したことがありますか?
あるならどんなことを想像しましたか?

気合いは要らない。イメージしろ!

先に書いておきますけど、いくらいいイメージをしても、きちんとしたスキルがなければダメですからね。
想像だけで相手が治ってくれるほど甘くはないですからね。

自分で行動を起こししっかり現場経験を積むこと。
もう黙ってても患者さんが来院する時代ではないんです。

上記を踏まえた上で、
・今自分にできる施術に集中すること(今まで経験以上の力は出ません)
・相手が「良くなりました!」と言っている場面を想像すること(五感をフル活用してね)
・患者さんの症状にフォーカスせず「人を診る」こと(相手はモノではなく人ですよ)

治ったかどうかを決めるのは患者さんです。
どんなに過去最高の気合いと施術スキルを用いても、相手が「治ってない」と言ったら「治ってない」んです。

・「治したい」とその状況を招く治療家
・そして「治ってない」と言う患者さん
完璧といっていいほどにこれは「セット」になりますので。

とにかく上の赤字で書いた部分に意識を集中すること。
治療家の「マインドセット」と言っていいくらい重要なことです。
これだけで講習をしてもいいんじゃないか?っていうくらい重要ですよ。
試験があったら確実に出題されるくらい重要なところです。

「治したい」と思うと「治らなく」なるんだから。
本当に身体って不思議なもんです。

 

最後にちょっと補足をします。

「勉強について」です。
もちろん勉強が悪いわけではありません。

「治らない患者さんがいるから勉強する」って治療家はよく言います。
それはその通りです。ボクもそうやって勉強を重ねてきました。

このキャリアになって少し考え方が変わりました。
まず「マインド」が出来上がっていることこそが重要なんです。

ちょっと勉強した、セミナーに出た、講習を受けた。
そして患者さんの状態がよくなった。
その程度でいきなり実力が上がるわけではないんです。

ここを治療家は勘違いしすぎている。
講習を受講直後に患者さんを施術した時に相手が良くなるのは、
「施術スキルだけではなく、講師のマインドごと受け入れている時間帯だから」これが答えです。

だから時間が経過すると「あれ?この治療法じゃ治らないな~」となる。
そしてまた違う勉強会に参加し出したりするんです。

最新のスキル?最新の機械?最新の治療術?
それはけっこうなことですがマインドセットができていなければ、意味なし。

ちょっと最後は過激になっちゃいました。
でもこれがボクの自論です。

やまだ整骨院 院長 山田敬一

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
足の疲れを取る、疲れにくくするテーピング、あります。

足の疲れに効くテーピング。 たった一枚貼るだけで効果アリ。 姿勢の

腰痛・肩こり、どこに行けばいいのか分からない。信頼できる人の言葉を信じて行動するのが一番です!

治療を受けたいなら有資格者のところに行きなさい。 無資格者のところでい

行き詰まる時の共通点はある。ピンチを脱出する時の考え方とは?

基礎や基本は本当に大切。 土壇場ではそれが表に現れる。 だからこそとこ

ライブ&リアルと、動画の差は当然ある。両方を融合させる使い方を考えよう。

ライブやリアルは伝わりやすい。 動画だと伝わりにくい。 たぶん伝え手の

勝ちにこだわる姿勢はいいのか、悪いのか?

負けるより勝った方がいい。 スポーツをやるならガチでやりたい。 それは