WordPressに引っ越してきて、今一度ブログについて考えてみる

こんにちは。

今日でWordPressでのブログ二日目、ある意味初心者マークのサイモンこと山田敬一です。

このブログを書いている間も、ちゃんとブログがアップされるのかどうか、心配と不安、ワクワクが交互にやってきて、何だか不思議な感覚です。

でもまあ、文章を打つにあたっては何も問題はないし、かえってこっちの方がやりやすいのかな?なんて勝手な錯覚に陥りながら、ブログを書いている最中です。

 

僕にとってのブログの役割は、元々は「セミナー運営を円滑に行うため」、こんな位置づけからスタートしました。

初めはライブドアからのスタートでした。約5年間続きました。

実際のところ、このライブドアでのブログ運営は上々の出来で、セミナーはかなりうまくいきました。

 

紆余曲折あり、アメブロに引っ越し。それからは「患者さん向け」にブログを書くことにしていました。

これもまた成果がありました。患者さんからの紹介がブログを通じて生まれ始めました。

そのうちブログを通じて、治療以外(原稿やセミナー依頼など)の仕事も舞い込んでくるように。

そのあたり、自分の考えやできることをもっとしっかり伝えていくために、WordPressでの「自前のブログ」に再度引っ越すことにしました。

最初から今までのブログ運営方法については、7月11日(金)に沖縄で開催される「ソーシャルセミナー」でしっかりお話しをしたいと思います。

ソーシャルメディアで「がっちり」集客・販促セミナーIN沖縄

リーダー2期セミナーこうやってブログを書いていて、いつも思うことは「自分の頭が整理されていく」、そんなイメージです。

自分の頭の中を言語化している、そんな感じでブログの文章を書いていきます。

だから同じテーマで書いていても、その時のシチュエーションで、書く文章が若干違ってきますね。

内容や大枠は変わらないのですが、伝え方が違っている、そんな状態(伝わってますか?)。

そう、夜中に書いたラブレターを、翌朝読むとめっちゃ恥ずかしい、これと少し似ている(違うか?)。

 

だから僕は、一回書いたものでも、すぐに投稿することは滅多にありません。

必ず少し時間を空けて、チェックしてから投稿するように心がけています。

 

こうやってブログを書いていること自体が、自分の知識や経験の棚卸しにもなっていて、

なおかつそれが読んで下さる誰かの役に立っていれば、それだけでもブログを書いている価値があるってもの。

 

ソーシャルメディア沖縄セミナーでは、自分の実体験を中心に話をしていきますが、僕を含め総勢16名がソーシャルについて講演をします。

特に師匠・藤村先生の話を生で聞けるっていうのは、かなり貴重なことだと思うし(僕自身が聞きたいし!)

そして講演をする全員が、ソーシャルを通じて何らかの成果を上げている者ばかりです。これは必見のセミナーですね~。

 

僕は特にブログの重要性は見逃せないと考えています。

一昔前、ホームページを、自分のドメインやサーバーを用意することなく、立ち上げていた頃がありました。

今はドメインをはじめ、全て自前のものですよね(レンタルサーバーではありますけど)。

もし今、アメブロ内でホームページを立ち上げていたら、信用してもらえるのでしょうか?

誰かに聞いたことがあるわけではないけど、僕なら間違いなく信用しません。

これからブログもそういう時代になるのではないかな、って思います。

だから自前のWordPressでのブログにした、そういう部分もあるんです。

まあ、これからどうなるかなんて分かりませんけどね(笑)

 

僕は整骨院の治療家「柔道整復師」ではありますが、治療のことだけでなく、

「販促」「ソーシャルメディア」「治療」「テーピング」「コミュニケーション」・・・。

このブログで僕が今までに経験し、読む方に役に立つであろうと思うことを書いていきます。

 

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket