病んでいる、悩んでいる人にその言葉はかけないでおくれ・・・。

それは人のためを思っての言葉かな?
自分が言いたいだけなんじゃないかな?
言葉は支えにも暴力にもなりますよ。

それは◯◯って意味があるんだよ?

ボクは8年くらい前にバスケ中にアキレス腱を切りました。
その直後に「もうこれで一生バスケはできないな」って直感的に思ったことは鮮明に記憶しています。

遊びでならできるかもしれないけど、ガチではコワくてできませんもの。
2回も同じケガをしたくないですからね。

「それはもう無理しちゃダメだよってことなのかもね」
「たぶん神様がそう言ってくれているんだよ」
的なことを言って慰めてくれる人が周囲にはいました。

その時。ボクの気持ちは、こう。
「バカにしてんの?そんなの意味分かんねーし!」
「バスケがしたいんだよ。何言ってんの?」
と心の底から思っていましたよ。本当の話です。

大動脈解離で死にかけた時もそうでした。
「まだやることがあるから生かされたんだね」
「死ぬような大病なのに命があるって意味があるんだよ」

その時も。ボクはこう思った。
「今のこんな状態で生きてる意味なんて分かんねーし!」
「この状態でやることなんて考えられねーし!」
とスマホを片手に妻に愚痴ってました。これもマジです。

そう。言葉をかけるにはタイミングがあるんです。
そして言っていい人と、言っちゃダメな人がいるんです。
どんなにその人のことを心配していても、励ましてあげたくても、です。

たぶんその言葉をかけていいのは、数年後です。
少なくても数ヵ月後です。タイミングってあると思います。

▲この傷を負っているのに「生きてる意味」を語られてもね。アナタハ神デスカ?と真剣に問いたくなります。死にかけたあの時、ボクが耳を傾けられたのは周囲にいたホンの数人です。

悩んでいる人の傷に塩を塗るなよ。

人それぞれに悩みはあります。
大きいもの?小さいもの?それは他人から見たらそう思うだけ。
当の本人は「この世の終わりだ」と思うほどのことかもしれないでしょ。

そのタイミングで「これにはきっと◯◯って意味があるんだよ」って、したり顔で語らないでおくれよ・・・。

そんなこと冷静に考えられるくらいなら悩んでません。
最初からそう思えるくらいなら、そもそも大したことじゃありません。

ボクの場合もそうでした。
アキレス腱断裂の時も、大動脈解離の時も、ある程度期間が経った時には「これって何か意味があることなのかもしれないな」と思えるようになってきました。

これは誰に言われたわけでもなく、自然にそう受け入れられたって感じです。
だからどのくらいの期間が経ったからなんてことではなく、たまたま受け入れる心の準備が整ったということなのでしょう。

大ケガ。大病。離婚。退職。人との別れ。死別。
ボクの整骨院でもこの手の話はしょっちゅうあることです。

その時患者さんに対して「それには◯◯って意味があるんじゃないかな」なんてことは、これっぽっちも、1ミリも言いません。

そうだったんだね。大変だったね。辛かったね。
ボクが言うことはほとんどこのくらいかな。

あとは「カラダが楽になると気持ちも少しは楽になるからさ。カラダはスッキリさせるからね〜」って、このくらいかな。

言いたがりの治療家、セラピスト、経営者、カウンセラー、スピ系の人っています。
言葉をかけるタイミング、そこじゃないんじゃないの?
ちょっと知識があったり、経験があったりするとそうなりがち。

あるあるって言いたい。今すぐ言いたい。
まるでRGみたいな心境になってきました。
ちょっと知識があったり、経験があったりすると「それは〇〇って意味があること」って言いがち。

そのタイミングで言っちゃダメ、ゼッタイ。
しかもアナタの立場で言っちゃダメ。

世の中に意味がないことは、たぶんない。
何かしら、嫌なことだったとしても意味はあるはず。

だとしても、その意味付けをするのは本人です。
誰にも踏み入ることはできない聖域です。
土足で踏み込むな。そのタイミングで入ってくるな。

ボクはおせっかいだからこそ、そう思っています。
おせっかいにも流儀はあるんですよ(笑)

 

テーピングマスター
やまだ整骨院 院長 山田敬一

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket