*

自分の好きなことなら続けられる

こんにちは。サイモン山田です。
今日はぎっくり腰の患者さんが多数来院。
何でこんなに重なるんだろうか・・・???

さて今日のブログは、

好きなこと=楽しいこと?

好きなことを仕事にする。
とはよく聞く話ですが、そもそも自分の好きなことって何だろう?
即答できる人はいいんですが、僕は即答できませんでした。

確かにいろいろあるんですよ。
スポーツ全般、読書、飲むこと、食べること、お笑い、しゃべること。
でもこれって、それについて超詳しく語れるほどでもないんです。
これで「好きなことを仕事にする」なんて、僕には到底できないなと肌では感じていました。

それでちょっと考え方を変えて、楽しいことって何だろう?と考えてみました。
まあそれでもあんまり変わらない(苦笑)。

でもその中で分かってきたことは「好きなことで楽しいことは、前からそんなに変わっていない」ということ。
よくよく考えてみれば、それらは今好きなだけではなく、前から好きなことだし、楽しいことなんだな~と。

タイトルのように「自分の好きなことなら続けられる」のではなく、「自分の好きなことだと「勝手に」続いている」んです。
そうか、だから好きなことを仕事にするといいんだ。
好きなことだから続けられるし、イヤイヤやっているわけではないから、成果も出やすくなるし。
やっと腑に落ちました。

今やっている治療家、セミナー、コンサル、サポート、トレーナー、これはみんな好きなことにつながっている。

温故知新2015

フロリダ温故どちらも好きなことやってます。
そう考えると、めっちゃ幸せに仕事してるわ~。
業界誌にフロリダ族セミナーが載るなんて、楽しいし面白いですよね!

なんだこれでいいじゃない。

好きなことを徹底的に考えてみて、一周回ってこんな結論になりました。

一度でも「好きなことを徹底的に考える機会」があってもいいんじゃないかな。
もし好きなことが分かり、それが仕事につながっていることが理解できたら、仕事に対する質も変わってきます。

僕はそう確信しています。

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
足の疲れを取る、疲れにくくするテーピング、あります。

足の疲れに効くテーピング。 たった一枚貼るだけで効果アリ。 姿勢の

腰痛・肩こり、どこに行けばいいのか分からない。信頼できる人の言葉を信じて行動するのが一番です!

治療を受けたいなら有資格者のところに行きなさい。 無資格者のところでい

行き詰まる時の共通点はある。ピンチを脱出する時の考え方とは?

基礎や基本は本当に大切。 土壇場ではそれが表に現れる。 だからこそとこ

ライブ&リアルと、動画の差は当然ある。両方を融合させる使い方を考えよう。

ライブやリアルは伝わりやすい。 動画だと伝わりにくい。 たぶん伝え手の

勝ちにこだわる姿勢はいいのか、悪いのか?

負けるより勝った方がいい。 スポーツをやるならガチでやりたい。 それは