*

整骨院・接骨院・整形外科・整体院。何がどう違うのさ。

こんにちは。サイモン山田です。
今日は気持ち悪いくらい暖かかったですね~。
もうすぐ春だし、ちょっとワクワクするのは僕だけでしょうか?

さて今日のブログは、

整骨院ってどんなところ?どんな時に行けばいいの?

昨日のブログはけっこう過激なことを書きました。
僕には当たり前のことなんですけど、業界的には過激らしい。
昨日のブログはコチラ

「整骨院と接骨院の違い」
「整骨院と整形外科の違い」
「整骨院と整体院の違い」
これ、患者さんにはなかなか分かりませんよね~。
今回はこれを書いていきます。

「整骨院と接骨院の違い」
実は「整骨院」と「接骨院」は同じです!
「柔道整復師」という国家資格を持った人が、整骨院や接骨院を名乗ります。
昔でいう「ほねつぎ」です。

治療内容については各院ごとに違いがあります。
ここはなかなか説明が難しいので割愛します。

とってもカンタンに表現するならば、
「歯科医院」と「デンタルクリニック」、これは両方とも同じ歯医者さんですよね。
整骨院と接骨院もこんな感じです。そんな風にイメージして下さい。

「整骨院と整形外科の違い」
一番の大きな違いは、
整骨院は「柔道整復師」
整形外科は「医師」
両方とも国家資格です。つまり当たり前ですが資格自体が違います。

治療内容の大きな違いは、
整骨院・手で治療する(いわゆる手技療法と表現されます)
整形外科・投薬、注射、手術など

患者さん側から見た違いは「レントゲンやCT、MRIが撮ってもらえるかどうか?」ではないでしょうか。
整骨院は外側からしか診られないし触れないので、難しい症例なら僕は整形外科での検査をオススメします。

ちなみに整骨院は治療しないとお金はもらえませんが、整形外科はたとえ治療をしなくても、検査だけでもお金はもらえます。
保険の取り扱い上、そう規定されています。(どっちがいいとか悪いとかではありません。念のため)

「整骨院と整体院の違い」
これが一番分かりにくいのではないでしょうか?

これもまず初めには資格の違いです。
整骨院は柔道整復師という国家資格。
整体院は、専門学校などが認めたいわゆる民間資格。
ハッキリ言ってしまえば、整体院は「資格ではありません」。
(腕がいいかどうかは別の話ですけどね)

次に保険が使えるかどうか。
整骨院では「日時・場所・原因がハッキリ分かる場合の症状」は保険が使えます。
例えば「スポーツ中にネンザした」「自転車で転んで打撲した」などの場合です。
ちなみに肩こりや慢性的な腰痛は保険適用になりません。

一方の整体院は、どんな症状であっても保険は使えません。
100%実費で支払わなくてはなりません。

治療内容の違いは?と言われると、これは答えるのが難しい。
整骨院って医者のようにインターンシップの期間もなく、柔道整復師の国家資格を取得すれば、明日からでも開院できてしまうんです。
(僕は独立開院まで約13年、いろいろな院で経験を積みました)

整体院も同様で実力があろうがなかろうが、開院できてしまうんです。
国家資格かどうかや、保険が使えるかどうかは、大きな違いではあります。
しかし整骨院でも整体院でも「実力の中身はかなり大きな違いがある」というのが偽らざる実情です。

看板だけで判断することは、今の時代はほぼないでしょうが、webサイトを見ても判断は正直言って難しいです。いくらでもいいことは書けますから。
「ぐるなび」みたいな「クチコミサイト」もありますが、あれも当てにはならないです。

まあ一応の結論としては「資格の違い」「保険適用の有無の違い」です。
でももし行くとなれば、最低でもwebサイトくらいは確認することは必須です。
身体に直接触られるわけですから「どんな先生なのか?」くらいは先に知っておいた方がいいですから。

柔道整復師これが柔道整復師の免許証。
平成7年に資格取得か~。もう20年選手、スポーツなら大ベテランだね(笑)

僕はマーケティングの勉強会などで、誰かに紹介される時は、
「整体師のサイモン」と紹介されてしまう。これはこれで全く違和感はないですけどね。

整骨院で保険を取り扱うには当然ながら資格が必要です。
だから柔道整復師である必要はありますが、人に紹介される時には資格は必要ないです。
むしろ「整体師」と紹介されること自体、整骨院の知名度を物語っているような気がします(笑)。

ちなみに僕は、名刺などには「治療家」としています。
柔道整復師であることに、誇りやプライドはもちろんありますが、治療をしていく上では、たぶんこの表現の方が分かりやすいのではないかと。

こういったことを僕が伝えることで、痛みを抱える方の少しでもプラスになれば。

よくよく考えると、本当にこの仕事は理解しにくい。それじゃ選ばれるわけないですよね~。
選んでいただけるように、情報をお届けしたいと考えています。

いつもありがとうございます!ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
望む未来を作り出すために

望むことを五感でイメージすること。 一緒に共有する仲間を持つこと。 あ

今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで