自分の経験を何に、どこに生かしますか?

こんにちは。サイモン山田です。

サントノーレ1久しぶりにパーマをかけてみました。何か嬉しい(笑)
ここのヘアーサロンはめっちゃ居心地がいいです。みんなありがとう!

さて今日のブログは、

自分の経験を伝えるのは、役割。そしてやりたいこと。

昨日(今日になってたけど)は、未来ある若者のコンサルティングでした。
5月に独立開業する理容師さんです。あ。僕が散髪してもらっている方ではありません。

内閣総理大臣賞に輝いているらしいし、理容技能五輪では日本チャンピオンにもなっている人。
時代が時代なら、その肩書きだけで何にもしなくても繁盛したでしょうね、たぶん。

でも今はそんな時代ではありません。それは独立する彼も分かっていること。
だから僕に白羽の矢が立ったわけです。もちろん関係性あってのことです。

僕も同じように職人なので彼の気持ちは分かります。
販促を含めやることは満載なのですが、やることは絞って伝えることに。
もちろん予算の都合もありますから、優先順位を決めてやっていきます。

どうしても「あれもこれも」と盛り込みすぎになってしまう。
極端に言えば、いい意味で「見切り発車」的な部分はあっていいんです。
いくら素晴らしいシナリオを描いたとしても、そのシナリオ通りに全てが回るわけではありません。

だからどこかに「柔軟性」を持っておかないと、シナリオ通りにいかなくなった時に苦しくなってしまう。
大枠から外れていなければ、十分軌道修正することは可能ですから。

僕自身、今こそ順調に動いていますが、全くと言っていいほどシナリオ通りではありません。
その都度、軌道修正し、何とか今のシナリオが描けている状況。でもシナリオ通りにいかなかったからこそ、面白い部分も多々ありましたし、プロセスと言う意味では大きな経験にもなりました。

それこそ「大きな枠」の中でよっぽど外れていなければ何とかなります。
だけどその歯車が狂い出すと、気持ちも揺らいできてしまいます。

そのことを伝えました。伝えるのはなかなか難しいですけどね。
でも大丈夫。その彼は頭もいいし、応用力もあるし。
ないのは、エクスマ的な発想と考え方。これはなくて当たり前か(笑)

僕にとって異業種の独立開業に携われるのは、とても貴重な経験です。
自分の経験を最大限生かして、彼が活躍できるようにしていきます。

同じ職人仕事に身にとって、エクスマ的な発想や考え方ができるかどうかで、スタート時点だけでも圧倒的な差がつくと感じています。
自分の経験を、自分のことだけで留まらせることなく、広く伝えていけたらいい。
それも役割のひとつだと認識していますし、実際は単純に僕がやりたいことでもありますし(笑)

彼の独立開業までそんなに時間はない。それまで僕も全力投球です!

いつもありがとうございます!ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket