*

「やりたいこと」と「求められていること」のギャップを埋める2つのこと。

こんにちは。サイモン山田です。
昨日の地震は久しぶりにビックリしたな~。
緊急地震速報のアラーム音はホントに怖い音だわ・・・。

052601臨海学校明けで振り替え休日の息子が手伝いに来てくれています。
明日の午前中もいますので、会いたい人はぜひ(笑)

さて今日のブログは、

やりたいことと、求められていることの狭間で。

そんなことで揺れ動く男心・・・。サイモン。なんてね。
でもまあそうなんです。誰しも少しばかりはあるんじゃないかな、と。

僕の場合は求められているのは、明らかに治療時間。
カンタンに言えば「休み過ぎだ!」ってことです。
全ての患者さんに言われているわけではありませんけどね。

ではやりたいことは?もちろん治療もやりたいことの一つ。だから続けています。
それ以外は、セミナー活動や講師活動、教えたり話したり伝えたりする活動がやりたい。
やりたいことも求められている部分もありますが、まだまだ自分が納得できるほどのことではない。

ではタイトルの通り、そのギャップを埋めるにはどうすればいいのか?

まず一つ目は、求められていることに全力で取り組むこと。
そして二つ目は、求められていることとやりたいことをすり合わせていくこと。

一つ目はある意味カンタンです。
求められているということは、あなたにはそれができる。と認められているということなので、それが得意なはずでもあります。
ギャップを埋めることに意識を使うより、まずは求められていることに全身全霊を傾けることも必要なことです。
そもそも求められていることに応えられないのに、やりたいことで求められるって、なかなか難しい部分もありますからね。

二つ目はちょっと複雑。でもシンプルにいこう!
求められていることの中にも、やりたいことの要素はある、ってことです。
僕の場合なら、
求められていること=治療時間。
やりたいこと=教えること・話すこと伝えること。

ということは、求められている治療の時にも、やりたいことの「教える・話す・伝えること」の工夫はいろいろできるわけです。
求められていることとやりたいことのギャップは、自分の意識次第で埋められる部分はいろいろあるものです。
ただそのギャップを「初めから違うこと」として捉えるのか、「共通点を見出すこと」として捉えるのかで、日々の仕事に対しての取り組み方は全く変わってきます。

好きなこと、楽しいことで進むことに異論はありません。
ですが、求められていることは自分が想像しているより、大きな成果を秘めているのは言うまでもありません。僕もそうなのかもしれない(笑)
だからこそ、ギャップのすり合わせをしながら、やりたいことと求められていることのバランスを取れれば、めっちゃ幸せなんじゃないかな、って思います。

初めは求められていることに応えることが必要な時があります。
それをやり続けた先にしか見えないこともありますからね。

いつもありがとうございます!ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾・第45期卒

2007年より独自のテーピング術を伝え始めました。
のべ1500人ほどにレクチャーしてきましたが、まだまだテーピングは進化の途中です。
オリジナルのテーピングを駆使し、日々患者さんの治療に当たっています。
「サイモンプレミアムテープ」絶賛好評発売中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
背中を押してあげよう。背中を押してもらおう。それが仲間じゃんか。

こんにちは。テーピング治療家、サイモン山田です。 一人で考える?or

やたらと怒る人。正義感タップリな人。何でだろね?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 やたらと怒る人に理

個人経営者は仕組み化しなくていいのでは?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 仕組み化しない覚悟

「好き」と「仕事」を絡めてみる。とても勇気はいるけどテンションは上がる!

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 好きに囲まれる覚悟

資格は「一生もの」ではない。資格があるから食べていけるわけでも、資格があるから選ばれるわけでもない。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 時代の流れに逆らう