*

選ばれ続けるために考えること

こんにちは。
紹介より強い販促はない、と僕は思う。サイモンこと山田敬一です。

先日のセミナーでは「紹介スパイラル」について、時間の許す限り細かく話してきました。
時間内で伝えられることは、全て伝えたつもりです。
それでも「伝わっているのかな?」そんな思いもありつつ、セミナーアンケートを見せてもらいました。

けっこう伝わっているみたい!よかったな~。

販促活動っていろいろありますが、最終的には、
「自分を選んでもらうため」
「自社を選んでもらうため」
「扱っている技術・商品を選んでもらうため」
に、販促活動はやるものだと思うようになりました。

「どんなにいい商品も、どんなにいい技術も、
 その価値が伝わっていなければ、存在しないのと同じ」
師匠・藤村正宏先生の名言ですが、
その先に「価値が伝わって選ばれなければ、その販促活動は存在しないのと同じ」
僕としては最近そんな気がしています。

紹介が起こるのは、その価値が伝わっていて、
「誰かに伝えたくなっている」
「誰かに貢献したいと心の奥底では思っている」、そんな状態だと思います。

紹介が起こらないのは、商品が悪いとか、技術が乏しいとかの理由ではなく、
「その価値が伝わっていない」、あるいは「誰かに伝えたい」と思えないから、紹介が起こらないのです。

だから紹介というのはどんな販促活動よりも強い。
ただし、紹介が起こったからといって、即来店・来院とまでならない場合も多々あります。
人それぞれ動くタイミングってありますし、そこまでは自分たちにはコントロールできません。

だからこそ、背中を押すツールが必要なんです。
自分で考えたくせに、紹介スパイラルってめちゃくちゃ奥が深い。
僕の場合は、そのツールの一つが「名刺」なんですけどね。

名刺1「紹介スパイラル」も切り口を変えたら全く違う景色が見えてきます。
セミナーを機に言語化したつもりでしたが、まだまだ考える余地はありますね。
もっと分かりやすく「紹介」の価値が伝わるように、もっともっと思考を柔軟にして考えていきます。

紹介は相手に選ばれているから起こること。
選ばれなくなったら、紹介は起きませんから。

スパイラルと言っている以上、続かないとスパイラルにはなりません。
選ばれ続けるというのは、上向きのスパイラルですからね。

過去「迷いのスパイラル」「負のスパイラル」に陥ったこともありました。
今の自分は完全に「上向きのスパイラル」に、うまく入っているような気がしています。

これからもっと関係する人と、いいスパイラルを作っていきたい。
今の関係のほとんどは「紹介」から仕事が生まれていますからね。
まさに「紹介スパイラル」の真っ只中に、自分は生きているんだな~。
いや~面白くなってきた!ワクワクします!

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ