*

発信力を鍛えるためにすること

こんにちは。サイモン山田です。

「これからの時代は発信力が大事」と、ここ最近は言われています。
ではこの「発信力」って何だろう???とも思うわけです。

それについては、僕のソーシャルの先生のブログをご覧下さい。

サポーター論①この書籍の著者でもあります。
現在アマゾンで「経営戦略部門」で、1位になっております!
「日本一のサッカー馬鹿・勝村大輔のブログ」

そんな中、僕なりの「発信力」に対しての考えをまとめてみました。

①とにかく発信し続ける
僕自身、ブログは10年近く書いていますが、ブログから仕事が発生しだしたのは、ここ今年に入ってからのことなんです。
それまでは「ゴミ記事」だったということなんでしょうね・・・。

それでも、書き続けているというのは「価値」にはなります。
考えてみれば、大した結果も残ってないのに、よく書き続けられたな。
たとえいい結果が残らなくても、発信し続けることはできます。
そしていい記事になってきた時に「続けていた」ということは、何らかの財産に必ずなるはずです。

②自分の言葉で「分かりやすく」書く
どんなにいいことを書いていても、どこかから引用したような言葉だけではダメってこと。
これは僕自身がずっと指摘され続けていることでもあります。

今のソーシャル時代では、誰でも発信者になれますし、
反対に情報があふれていますから、カンタンに情報に触れることができます。

Twitterで流れていたAさんの情報をそのまま、Bさんが自分のFacebookで発信しても、
それはBさんの情報ではなく、Aさんの情報です。
もしAさんの情報を、Bさんが自分の言葉を使って表現したら、これはBさんの情報になると思います。

最終的にいかに自分の言葉に置き換えて、分かりやすく発信するか?
ここがとても重要になるのではないでしょうか?

③自分ならでは、自分独自の視点を持つ
これは「個性」と言って差し支えないでしょう。
同じ情報だとしても、誰が発信するかによって情報の質は変わってきます。

例えば「アナと雪の女王」に対しての感想。
①映画大好きなAさん
②音楽大好きなBさん
この二人が発信したら、全く違う感想になってくると思います。
でもこのくらいなら、よくありそうな話です。

ここに「個性」が重なったら、これは唯一無二ですよね。
①映画大好きで、プロレスも大好きなAさん
②音楽大好きで、美術観賞も好きなBさん
これだけで、相当違うと思います。

しかも、Aさんはたぶん「ストーリー」や「シナリオ」が好きなはず。
Bさんはたぶん「表現」や「魅せる」ことが好きなはず、こんな事も想像できます。
(プロレスはシナリオが大切なんです!)

そこに性格やライフスタイル・職業・趣味・嗜好などが絡んだら?
たった一つの「発信」が出来上がります。

お分かりいただけたでしょうか?
ぜひ発信する時の参考にしていただけたら、と思います。

って、僕がまだまだ「発信力」、発展途上なんですけどね!

引き続き、ガンバリマス。
いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
病んでいる、悩んでいる人にその言葉はかけないでおくれ・・・。

それは人のためを思っての言葉かな? 自分が言いたいだけなんじゃないかな

筋トレが嫌いな人間の魂の叫び。筋トレしないとダメな世の中なの?

筋トレはトレーニングは大切。 自分の思い通りにカラダを動かせなかったら

体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか