*

治療の方向性はからどうやって決める?ボクの考え方。

こんにちは。日曜日の朝、サイモン山田です。
今朝は梅雨の晴れ間。清々しい天気だな〜。

質問の答えが明確なら治療が簡単になる。

毎日毎日ドンヨリした天気が続いています。
こうなると体調にもかなり影響を及ぼしますね。
患者さんでも急な痛みに悩まされている人が結構いますから。

もともと痛みは患者さんの主観によるところが大きいです。
ボクが見て触って悪いと思った部分でも、本人は痛くないというケースは多々あります。
その反対も然り。ボクから見て悪いと思わなくても本人は痛みを訴えたりします。

そこで質問が必要になります。
どうすると痛いのか。何をすると痛いのか。何がしたいのか。
何時まで休めるのか。いつまでに何をしたいのか。

この辺の質問をしてそれが明確になれば治療の方向性はおのずと決まってきます。

0052201▲包帯固定もただ固定するだけじゃダメ。
何を目的にするのかを「質問から」明確にしないと。

何も質問しない、聞かないで治療するのは治療ではない。

ボクらが求められているのは治療方法ではありません。
治療を通じて良くなったあとどうしたいのかが求められているんです。
治すことがボクら治療家の仕事ではなく、その人がどう動けるのかをサポートするのが治療家の仕事だと思っています。
そう考えると患者さんに質問せずして治療はできないそう思うのですが。

患者さんの訴えに耳を傾けつつその訴えに対して何をどう質問するのか。
それが的確にできるようになれば治療の精度は上がります。

もちろん治療技術は必要不可欠です。
その上でコミュニケーション能力「いわゆる質問→聞き出す→答える」この一連の流れが重要になります。

実はこれってセンスのある治療家さんなら勝手にできている事でもあります。
でもボクは不器用なのでそれができませんでした。
そんなボクだからこそ言えることでもあるんだけど、何か複雑な気持ち(苦笑)

この「質問→聞き出す→答える」の中から的確な治療期間や今後の方向性を伝えること。
そして決して無理に売り込む事なく通院期間を提示すること。
そうやって真摯に向き合うことこれが本当の意味で治療だと考えています。

天才肌、センスのある治療家は「何言ってるの?」って思うかも。
でもそうでないなら、もっと「質問」を意識した方がいいんじゃないかな?

ボクはセンスない側だったので、治療はおしゃべりが中心です(笑)
ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ