言葉使いは全て自分に返ってくる。言葉の使い方って大切。

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
いろいろ佳境です。追い込まれないとダメなのかね~。
まあ何とかなるし大丈夫なんですけどね。さあガンバロ~。

自然に出る言葉こそ本質。

プラス思考&マイナス思考。
ポジティブシンキング&ネガティブシンキング。

どうせなら前者の言葉を使いたいですよね。
これに異論はあまりないと思います。

でもねそう感じてないのにその言葉を使うのは違和感を感じません?
ボク自身はそういう言葉を使うことには反対ではないので極力プラス寄りの言葉を使ってきました。

ですが特に病気を境にしてからというもの、とても違和感があるんです。
明らかにマイナスにしか思えないことを、無理矢理にプラスに転換して言葉にすることが、余計にストレスを生み出しているように感じるようになりました。

だってそう思ってないのに、そう書き換えているだけですから。
潜在意識はそんなことはお見通しなんですよね。
無理しているボクを見透かしているんですよね。

「オマエ、ウソついてるだろ?分かってるよ。そんなの。」
って言われているような気さえしますからね。

0070503▲テーピングの仲間たちとの会話は勝手にプラス寄りの言葉になります。
 そんな未来図やビジョンしか見えないですからね。でもボクだけ笑顔じゃないな・・・(苦笑)

苦しくてもあえてマイナスを受け入れよう!

マイナスにマイナスをかけるとプラスになります。
だから無理矢理にプラスに寄らせなくてもいいと思うんです。

イヤなことはイヤなこと、ムカついたらムカついた、キライならキライ。
まずはそれでいいじゃないの。

でもそうやって言い切るためには、勇気と覚悟が必要です。
今までの自分と決別し、新しい自分に出会うわけですからね。
そしてその新しい自分に対して、必ずと言っていいほど抵抗勢力が出てきます。
家族、友達、仲間、スタッフなどなど。

でもね。。。最大の抵抗勢力は自分自身だったりしますけどね。
今までと違う自分になるわけですからね。

潜在意識が守りに入るわけです。
そんなことしたらダメー!今までのデータと違うよー!そんな感じかな。

それでもプラスの言葉だけを使うなら、潜在意識を騙すくらいの勢いとパワーが必要です。
ボクはそれはちょっとシンドイ。
だからマイナスを受け止め、受け入れつつ、次に紡ぐ言葉をプラス寄りにしていけばいいかな、と。
潜在意識を騙せるくらいパワーがある人は、そもそも言葉使いで悩まなくても大丈夫なような気もするしね〜。

ボクはもともとプラス思考ではないのでなおさらそう思うのかな。
ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket